ミミ MIMI
ホーム > 作品情報 > 映画「ミミ MIMI」
メニュー

ミミ MIMI

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

『赤ずきんちゃん』をモチーフに、無垢な少女のおびえを描いた一編。監督・製作・脚本・編集はこれがデビュー作となるルシール・アザリロヴィック。撮影・美術は彼女の公私にわたるパートナーであり、監督作「カルネ」でカルト的な信奉者を持つギャスパー・ノエが担当している。音楽はヴォル・ド・ニュイ。音楽構成はファビアン・ズリザノフスキー。世界的なデザイナー、アニエスb. が製作協力として資金を提供しているのも話題になった。出演はサンドラ・サマルティーノ、デニス・スクロプファー、ミッシェル・トリロほか。

ストーリー

現在のパリ。12歳の少女ミミ(サンドラ・サマルティーノ)は、母親とふたり暮らしをしていた。しかしその母親は愛人と喧嘩し、薬を大量に飲んで病院に運ばれてしまった。ミミはソランジュおばさん(デニス・スクロプファー)のアパートに引き取られることになる。ミミは物置の狭いベッドにひとりで寝かされることになった。だが、ソランジュは大きなベッドで愛人ジャン=ピエール(ミッシェル・トリロ)と寝ているのだった。そのジャン=ピエールは、ソランジュのいない時にミミにいやらしく触ろうとする。ミミは嫌がるが、ソランジュは彼に従順であるようにと命じる。ソランジュがジャン=ピエールとふたりだけで過ごす時は、ミミは部屋から締め出される。そんな時ミミは、同じ階に住むアラブ系の青年の部屋に入れてもらうのだった。しかし、時が経つにつれてソランジュとジャン=ピエールは、ミミに対してその青年との付き合いを禁じるようになった。絶望したミミは、母親と同じように薬を大量に飲み、病院に運ばれた。そして病院のベッドの中で、「あの家には帰りたくない……」と呟くのだった。...

作品データ

原題 Miimi
製作年 1996年
製作国 フランス
配給 エース ピクチャーズ
上映時間 52分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ミミ MIMI」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi