ピンク・フラミンゴ<特別篇>
ホーム > 作品情報 > 映画「ピンク・フラミンゴ<特別篇>」
メニュー

ピンク・フラミンゴ<特別篇>

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ボルチモアを舞台に、下品世界一をめぐって争うふたつの変態家族を描いたカルト映画の名作の監督自身による特別版。監督・脚本・製作・撮影は本作で一躍売った「シリアル・ママ」のジョン・ウォータースで、彼自身の紹介による未公開秘蔵映像が追加された。出演は本作でウォータースと共に名声を得たディヴァインほか。

ストーリー

体重300ポンドの巨女ディヴァイン(ディヴァイン)はメリーランド州ボルチモア市の郊外でトレーラーを根城に生活している。彼女には血のつながりのない奇妙な家族がいて、タマゴしか食べないエディおばあちゃん(エディス・マッセイ)、ニワトリを間にはさまなければセックスできない息子クラッカー(ダニー・ミルス)、エディにタマゴの話をしてやるかわいいコットン(メリー・ヴィヴィアン・ピアス)などで、世間では、ディヴァイン一家と呼んでいる。一方、都市に住むレイモンド(デイヴィッド・ロチャリー)とコニー(ミンク・ストール)のマーブル兄妹は、自分たちこそ“世界中で一番卑しい人間”だと信じているので、卑しさで有名なディヴァインをねたんでいた。マーブル兄妹は、ポルノグラフィーに投資し、小学校ではヘロインを売り、公園で若い女性にハレンチ行為をし、誘拐しては、執事のチャニング(チャニング・ウィルロイ)を使って妊娠させ、生まれた赤ん坊を売っていた。自分たちのやっていることに比べれば、ディヴァインは、単なる売春婦である。その名誉を得ようと、マーブル兄妹はクッキー(クッキー・マーラー)を仲間に入れ、クラッカーの相手をさせた。クッキーは、ディヴァインがバースディー・パーティを開くことを聞き出しマーブル兄妹に報告する。兄妹はパーティのことを警察に通報した。だがディヴァインは警察を待ち伏せし、到着と同時に、客のえじきにした。さらにクラッカーを連れてマーブル家に乗り込んだディヴァインは、家先にツバを吐きかけ、なめまわし、戸棚の中で見つけたチャニングを捕え、地下室に閉じ込めた妊婦達の中に放り込んだ。妊婦たちはチャニングを去勢した。ディヴァインとクラッカーが家に戻ると、トレーラーは、マーブル兄妹によって焼きつくされていた。腹をたてたディヴァインは2人を捕え、縛り上げ、タールを塗り、羽でおおいつくした。その姿を<タットラー><コンフィデンシャル><ミッドナイト>などの記者の前にさらし、ディヴァインは自分の勝利を誇示した。彼女は、クラッカー、コットンを連れてアイダホ州のボイシーに行くことにした。さらに、犬の糞を食べ、「世界中で一番卑しい人間」であることを証明してみせるのだった。...

作品データ

原題 Pink Flamingos
製作年 1997年
製作国 アメリカ
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ピンク・フラミンゴ<特別篇>」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi