父危篤、面会謝絶
ホーム > 作品情報 > 映画「父危篤、面会謝絶」
メニュー

父危篤、面会謝絶

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

資産50億円の大会社の社長の入院を通して、現代社会における親と子の絆を問うドラマ。監督はOV『ひき逃げファミリー2』の早川喜貴。脚本は吉井三奈子と早川の共同。撮影を「どケチ ピーやん物語」の喜久村徳章が担当している。主演は「大阪好日」の内場勝則。16ミリからのブローアップ。

ストーリー

妻を亡くし、今は一人暮らしをしている桑原物産の社長・桑原が、事故に遭って入院した。社長秘書の内場は、危篤で面会謝絶の桑原のことを、離れて暮らしている子供たちに知らせに行く。ところが、エステティックサロンを経営する長女・由美は、遺産で経営困難の会社を立て直す算段を始め、出家した長男は葬式と財産分与にしか興味を示さず、政略結婚させられそうになって家を飛び出た次女・喜美恵は、家のことは無関係だと言い出す始末で、誰も病院に駆けつけようとしなかった。彼らの反応にすっかり困惑した内場は、実は骨を折っただけの桑原に事実を報告する。桑原は今回の事故を利用して、子供たちの気持ちを試していたのだ。子供たちの反応にショックを受けた桑原は作戦を変更し、命は助かったが半身不随で自宅介護が必要だということにして、再び内場を子供たちのもとに送る。遺産を独り占めしたい長女は申し出を受け入れ、次女に遺産相続の権利を放棄させようとし始めた。この際、遺産分与をはっきりさせようと、3人の子供たちは病院に集まるが、そこで父親がピンピンしていることを知る。父親のいたずらに憤慨して帰っていく子供たちを見て、内場は今まで会社のことばかりで子供たちのことを考えてこなかった報いだと桑原を諭すが、桑原自身は久しぶりに家族が顔を合わせたことをひそかに喜んでいた。内場は複雑な心境だったが、妻が妊娠したことを知って家族のあり方を考え直し、疎遠になっていた両親に孫の誕生を報告してみようと考える。...

スタッフ

監督
脚本
吉井三奈子
早川喜貴
エクゼクティブ・プロデューサー
大崎洋
企画
吉田晴彦
尾中美紀子
製作
木村政雄
酒井俊博
神野智
プロデューサー
橋本卓
下田淳行
撮影
喜久村徳章
美術
花谷秀文
装飾
高桑道明
音楽
馬場孝幸
録音
三澤武徳
効果
丹雄二
照明
小野英仁
編集
菊池純一
衣裳
古藤博
坂下英明
整音
中田裕章
アシスタントプロデューサー
片岡秀介
助監督
大原盛雄
スクリプター
柳沼由加里
スチール
浅田トモシゲ

キャスト

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 オフィス100%
上映時間 61分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi