デカローグ<第9話 ある孤独に関する物語>
ホーム > 作品情報 > 映画「デカローグ<第9話 ある孤独に関する物語>」
メニュー

デカローグ<第9話 ある孤独に関する物語>

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

旧約聖書の“十戒”をモチーフに、人間世界の様々な問題、事件、感情、人間関係、運命を描いた10のエピソードからなる連作の人間ドラマ。それぞれ1時間ずつのエピソードで、当初テレビのミニシリーズを想定して製作されたが、ヨーロッパ各国の劇場で上映された。10の挿話はそれぞれに独立した作品となっているが、登場人物はいずれも同じワルシャワ効外の集合住宅の住人で、ある挿話の主人公が他の挿話に脇役として顔を見せる。監督は本作の評価がきっかけで国外に活動の拠点を移し、「ふたりのベロニカ」「トリコロール三部作(青の愛/白の愛/赤の愛)」のポーランドの名匠クシシュトフ・キェシロフスキ(95年死去)。製作のリシャルド・フートコフスキ、脚本をキェシロフスキと共同で手掛けるクシシュトフ・ピェシェヴィチ、音楽のズビグニェフ・プレイスネルは、いずれも以後キェシロフスキ監督の全作品に参加。全10話中第9話まで、それぞれ異なる役柄で登場する謎の青年はアルテュル・バルシス。ちなみに、第5話と第6話はそれぞれ劇場用長編映画に再編集され、「殺人についての短いフィルム」「愛についての短いフィルム」としてすでに公開済だが、構成やエンディングなどが異なるため掲載した。89年ヴェネチア映画祭国際映画批評家連盟賞、88年ヨーロッパ映画グランプリ受賞。

ストーリー

中年にさしかかった心臓外科医のロメク(ピョートル・マカリカ)は医師に性的不能を宣告される。彼は妻のハンカ(エワ・ブラシュスク)に正直に打ち明け、別れてもいいと言う。妻は肉体関係だけが愛ではないと励ますが、彼はそれも愛だと答える。果してハンカには以前から物理学科の学生マリウシュ(ヤン・ヤンコフスキ)と情事を重ねてきた。妻は早くこの関係を清算しようとするが、マリウシュが逢引きの時に車のダッシュボードにノートを忘れ、ロメクはこれを見つける。ロメクは電話を盗聴して二人の関係を確かめて妻を尾行。マリウシュと会うアパートに張り込み、妻が若い男の肉体を貪る姿まで目撃する。ある日。ハンカはアパートの衣裳棚にひそんだ夫に気づく。なじる妻に彼は自分には愛される資格はないと答え、ハンカは彼を抱きしめる。二人は冷却期間をとろうと決めて、ハンカはスキーに出かける。だが、マリウシュが彼女の後を追ったのを知り、悲嘆に暮れるロメク。ハンカはスキー場で彼に会い、胸騒ぎがして夫に電話。入れ違いで彼は出かけた後だった。急遽家路につくハンカ。それを知らず涙を流しながら、工事中の道路を全速力で駆け上がり、つきあたりで転落するロメク。ハンカは家で置手紙をみつけ、後悔と不安に泣き暮れる。そこへ九死に一生を得たロメクから電話が。妻は夫の声を聞いて微笑んだ。...

作品データ

原題 Dekalog 9
製作年 1988年
製作国 ポーランド
配給 シネカノン
上映時間 58分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi