話の話
ホーム > 作品情報 > 映画「話の話」
メニュー

話の話

劇場公開日

解説

「アート・アニメーションの神様」として世界中のアニメーターたちから敬愛されるロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン監督が、自身の記憶を色濃く反映させながらつづった映像叙事詩。トルコの詩人ナジム・ヒクメットの同名の詩をモチーフに、ロシア子守唄に出てくる狼の子が狂言回しとして登場。幼少時の戦争体験などノルシュテイン監督自身の様々な記憶を散りばめながら、モーツァルトとバッハの旋律に乗せて、時にユーモラスに、時に悪夢的に描き出す。その完成度と芸術性の高さから世界各地の映画祭で絶賛され、ノルシュテイン監督を代表する一作となった。2004年の特集上映「ユーリー・ノルシュテインの仕事」などで上映されている。16年12月には、ノルシュテイン監督の代表作6作品を集めた特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」にて、高画質・高音質でよみがえらせたデジタルリマスター版が上映。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 Skazka skazok
製作年 1979年
製作国 ソ連
配給 チャイルド・フィルム
日本初公開 1996年2月20日
上映時間 29分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全1件)
  • 色褪せることのない、永遠のノスタルジー。 30年以上前、吉祥寺のバウスシアターで初めて観た時から まるで自分自身の想い出のように、 記憶の片隅に置き去りにされたままの、アニメーション映画。 「話の話」は30分間の美しい映像詩であり 「永... ...続きを読む

    sophia703 sophia703さん  2017年1月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「話の話」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi