ウォレスとグルミット<チーズ・ホリデー>
ホーム > 作品情報 > 映画「ウォレスとグルミット<チーズ・ホリデー>」
メニュー

ウォレスとグルミット<チーズ・ホリデー>

劇場公開日

解説

人気者コンビ、ウォレスとグルミットが初めて登場した記念すべき作品。パークが映画学校在学時から製作に着手、6年間をかけて完成させた念願の第1作。製作会社は当初の国立映画テレビ学校から、パークが卒業後しに参加したアードマン・アニメーションズに引き継がれた。ちなみにパーク監督の最初の構想スケッチでは、ウォレスは犬ではなく猫だったとか。90年アカデミー賞最優秀アニメーション部門にノミネートされたほか、サブレブ映画祭アニメーション部門グランプリなどを受賞。

ストーリー

ウォレス(声=ピーター・サリス)と飼い犬のグルミットは連休の旅行を計画中。ちょっと一息、お茶にしようと思うと、クラッカーにのせるチーズが切れている。よし、それならチーズの名所に行こう。チーズと言えば、月はチーズで出来ているらしい?ウォレスは月ロケット製作に着手。グルミットはちょっと疑いの目で見ながらも、得意の電子工学の技術などで協力する。二人を乗せたお手製ロケットは無事発射。飛行中にグルミットはカードのお城作りを楽しむが、最後の一段のところで月に着陸、折角のカードのお城はつぶされる。月につくとウォレスはいそいそとクレーターでピクニック。月の大地からチーズを切り取って試食。ウォレスは月面に自動販売機みたいな機械を見つけて小銭を入れるが、反応なし。しばらくしてから動き出した。これが有料月監視マシーンで、ウォレスの“環境破壊”を取り締まろうとする。ところがこの機械クン、ウォレスたちの旅行パンフレットを見てスキーに憧がれ、地球に行くことを夢見てしまう。そんなこととは露知らず二人はロケットを発射。乗り損ねて吹き飛ばされた機械クンだが、ロケットの残した鉄板二本を使って自家製スキーを作り、月面で楽しみはじめた。ウォレスとグルミットはその様子を見て目を白黒させながら、無事地球に戻っていった。...

キャスト

作品データ

原題 A Grand Day Out
製作年 1990年
製作国 イギリス
配給 シネカノン
上映時間 23分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第63回 アカデミー賞(1991年)

ノミネート
短編アニメーション賞  

他のユーザーは「ウォレスとグルミット<チーズ・ホリデー>」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報