マネージャーの掟
ホーム > 作品情報 > 映画「マネージャーの掟」
メニュー

マネージャーの掟

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

お笑い芸能プロダクションを舞台に、新人マネージャーとなった男の奮闘ぶりとお笑い業界の裏側を描いたコメディ。監督は「大阪好日」の福岡芳穂で、脚本も「大阪好日」の大工富明と福岡の共同。撮影を「父危篤、面会謝絶」の喜久村徳章が担当している。主演は石田靖。16ミリからのブローアップ。

ストーリー

野球の腕を買われてお笑い芸能プロダクション“花月興業”に入社したフレッシュマン・石田は、入社式から遅刻をぶちかますドジな男だった。レストランやゲームセンター、劇場での研修でもそのドジっぷりを発揮した石田は、同期の千晶に差をつけられてしまう。しかし、そんな彼が花形部署のマネージメント部に配属されることになった。ウソつきで有名な先輩・及川の下についた石田は、「タレントを師匠と呼ぶな」「タレントにメシをおごってもらうな」「タレントの鞄を持つな」「マネージャーは常にタレントの前を歩け」というマネージャー心得4箇条を胸に奮闘する。そんなある日、タレントのダブル・ブッキング事件が発生した。困った石田は浜課長に助けてもらう代わりに、西川のりおのロケにつきあわされることになる。そのロケは森の中で蝮を捕獲するという危険なもので、現場で駄々をこねだしたのりおの代理で石田がその役を買って出るが、彼は何故か蠍に咬まれてしまった。それから数日後、今度はアホ芸人・坂田のダブル・ブッキングに奔走する、少し仕事に慣れた石田の姿が大阪の町にあった。...

スタッフ

監督
脚本
大工富明
福岡芳穂
製作総指揮
大崎洋
企画
吉田晴彦
尾中美紀子
製作
木村政雄
酒井俊博
神野智
プロデューサー
橋本卓
下田淳行
撮影
喜久村徳章
美術
花谷秀文
装飾
田村康利
音楽
坂口博樹
録音
三澤武徳
整音
中田裕章
効果
丹雄二
照明
小野英仁
編集
大永昌弘
衣裳
古藤博
坂下英明
アシスタント・プロデューサー
片岡秀介
助監督
大原盛雄
スクリプター
柳沼由加里
スチール
浅田トモシゲ

キャスト

作品データ

製作年 1997年
製作国 日本
配給 オフィス100%
上映時間 61分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「マネージャーの掟」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi