スキャンダル夫人
ホーム > 作品情報 > 映画「スキャンダル夫人」
メニュー

スキャンダル夫人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

73(第三プロ=NCC)“演劇集団日本”が上演した「ビデ夫人の恋人」(千田徹夫作・武智鉄二演出)を改作、映画化した。監督はやはり武智。世紀のスキャンダルといわれたデヴィ夫人事件に、六〇年安保をも重ね合わせて書いた大胆な“キワモノ劇”が、映画ではかなり後退している。劇の皇太子・美智子妃が、ターバン国の王子・王妃、権力構造もあいまいになっているが、武智のいわゆる民族主義思想は相変わらずストレートに出ている。応蘭芳、荒木一郎、山本豊三らが出演

キャスト

作品データ

製作年 1973年
製作国 日本
配給 NCC
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi