ジャックと豆の木(1974)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャックと豆の木(1974)」
メニュー

ジャックと豆の木(1974)

劇場公開日

解説

イギリスの民話「ジャックと豆の木」を動画化したミュージカル・ファンタジーで、スタッフは「クレオパトラ」など、元虫プロで活躍していた人々で、杉井ギサブローが監督している。

ストーリー

森には朝霧が流れ、起きだしたジャックは、動物たちと牧場をかけまわって遊んでいる。ジャックは、おっ母さんとおいぼれの犬のグロスビー、牝牛のスロー、名前はまだないオンドリと暮している。乳の出なくなったスローをジャックが売りに行くことになった。その途中、ジャックは不思議な老人に呼び止められた。奇跡を起こすことのできる五つぶの豆と、スローを交換してくれ、というのだった。最初は断ったジャックだったが、あまり熱心に老人が言うのでとうとう取り替えてしまった。しかし、そんなジャックを怒ったおっ母さんは、豆を外に投げ捨て、ジャックをさんざん殴った。ところがその夜、奇跡が起こった。豆から芽が出て、急速に夜空めがけてのびていったのだ。ジャックとグロスビーは、その豆の木を登り、雲の上の城に辿り着いた。そこには城を支配している魔女のノワール夫人と息子で巨人のチューリップ王子、そしてノワール夫人に魔法をかけられ王子と結婚させられようとしている妖精のお姫さま、マーガレットが住んでいた。ジャックはノワール夫人と巨人が彼を食べようと競っいるうちに、グロスビーと、城のネズミたちに救け出された。このネズミはノワール夫人の魔法にかけられたマーガレットの家来なのだった。ネズミたちはジャックにマーガレットを救ってくれるように頼むが、ジャックは宝の倉にあった金貨と、金の卵を生むニワトリを持ち出し、家に逃げ帰った。家の庭ではグロスビーが、弱虫で卑怯なジャックに腹をたてて、歩き廻っていた。その時奇跡が起きた。グロスビーの口から人間の言葉があふれだしたのだ。グロスビーが歌う「これか男の道」を聞いたジャックはお姫さまを救おうと決心するのだった。翌日、マーガレットと巨人の結婚式。その式の最中、ジャックが飛び込んできて、マーガレットにキスした。魔法を解くただひとつの方法は、勇気のある男の子が、キスをすることだったのだ。結婚式をぶち壊されて気が狂った巨人は、ノワール夫人をふみつぶし、ジャックとマーガレットを追って暴れまくった。まともに向かってはかなわないジャックは、マーガレットにサヨナラを言って、グロスビーとともに、豆の木をつたわって逃げた。後を追う巨人。先に地面に降りたジャックは、豆の木を力いっぱい斧で切り倒した。二度とマーガレットには会えないが、それ以外に巨人の手から救ける方法がない! 轟音とともに、豆の木はくずれ落ち、巨人は地面に墜落して死んだ。その時、ジャックの耳に、マーガレットの、悲しみを込めた別れの歌が、聞こえてきた……。...

キャスト

作品データ

製作年 1974年
製作国 日本
配給 日本へラルド
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ジャックと豆の木(1974)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi