ティンク・ティンク
ホーム > 作品情報 > 映画「ティンク・ティンク」
メニュー

ティンク・ティンク

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

沖縄音楽をルーツにした独自の音楽活動を続ける人気グループ「りんけんバンド」の野外コンサートと、彼らのサウンドの原風景である沖縄の自然と人々の姿を織り交ぜながら描く音楽映画。バンドのリーダー、照屋林賢の原案・初監督作品で、タイトルになった「ティンク・ティンク」とは沖縄で幼児をあやす時に口ずさまれる三線(沖縄の三味線)の擬音。プロローグから第八章「カチャーシー」までに分けられたストーリーの中に、「なんくる節」「ありがとう」「ムリカ六星(むちぶし)」「エイサー(月ん夜ぬ下(ちちんゆぬしちや))」「世世世(ゆーゆーゆー)~You You You」「ビーチパーリー」「かてーむん」「綱曳(ちなひち)どー」「白雲(しらくむ)」「嘉手久(かでいーくー)~唐船(とうしん)どーい」「めでたい めでたい」「天ぬ鏡(ていんぬかがん)」「海とぅ島」などの曲のライブ演奏が挿入される。

ストーリー

沖縄に生を受けた天真爛漫な一人の女の子。彼女の誕生を喜び、親族、友人たちが集まり宴が始まった。女の子は沖縄のあちこちに生息するガジュマルの樹のようにたくましく、大地に一歩一歩足跡をきざみながら成長していく。その過程には喜びもあり悲しみもある。時には人に恋しムラアシビ(村祭り)の中に踊り楽しみ、徐々に自我を確立していく。時は流れ、風景も人の成長とともに変わっていくが、いつの世にも変わらないもの、リズムがある。うれしいにつけ悲しいにつけ、沖縄の人たちは、天をかきまぜる様に歌い、踊る。そして大自然の繰り返しのように、同じ日常がまた続いていく…。...

スタッフ

監督
原案
照屋林賢
企画
高橋邦敏
プロデューサー
高橋邦敏
撮影
井出情児
ライブシークエンス撮影
御子柴滋
古川誠
阪上伸正
ステディカム撮影
千葉真一
音楽
照屋林賢
録音
弦巻裕
中村淳
照明
湯谷恵次
高坂俊秀
編集
藤枝静樹

作品データ

製作年 1994年
製作国 日本
配給 ユーロスペース
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi