脳の休日
ホーム > 作品情報 > 映画「脳の休日」
メニュー

脳の休日

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

瀕死の青年が故郷に残してきた気掛かりな出来事を描いた臨死体験ドラマ。監督・脚本は8ミリ「ストレンジ・ハイ」で93年度のPFFアワード・グランプリを受賞した水戸ひねき。BOX東中野の“インディーズBOX/Vol.1”の中の1本として上映された。ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭'96オフシアター部門グランプリ受賞作品。95年製作。16ミリ。

ストーリー

友人の頼みで大型テレビを運ぶのを手伝っていた光雄は、バランスを崩して石段から転落し、頭を打って気絶してしまう。意識を取り戻した光雄は、田舎の実家を訪れた。だが、どうも様子がおかしい。会話は一向にかみ合わず、両親は1年前に死んだはずの祖母の遺体をこれから焼きに行くと言う。日本間には腐乱した祖母の遺体が安置されていた。あまりの恐ろしさに家を飛び出した光雄は、幼なじみの美代子に出会う。光雄のことを好きだった美代子は、彼に出せなかったラブレターを渡したいと言うが、そのおびただしい数の封筒を見た光雄は、彼女の愛の重さに耐えられずに再び逃げ出した。一体何が起こっているのかと思った瞬間、光雄は石段の下で頭から血を流して倒れている自分に気づいた。次の瞬間、光雄は「ただいま」という言葉を残して息絶える。...

キャスト

作品データ

製作年 1996年
製作国 日本
配給 BOX OFFICE
上映時間 21分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi