MOTHER 最後の少女イヴ
ホーム > 作品情報 > 映画「MOTHER 最後の少女イヴ」
メニュー

MOTHER 最後の少女イヴ

劇場公開日

解説

絶滅に瀕した惑星を舞台に、少女の闘いを通して環境問題を訴える作品。監督は「サイボーグ009」の鈴木行。脚本は「ルパン三世(1978 吉川惣司監督 大和屋竺脚本)」の吉川惣司。キャラクターデザインはテレビアニメ「世界名作シリーズ」の関修一。美術は「ムーミン谷の彗星」の河野次郎が担当。

ストーリー

約三万年前、惑星マース(火星)。高度に発達した文明により引き起こされた環境汚染のため地上は汚染され、人類が生息できるのは、ドームで覆われた人工都市アトラン・シティの中だけであった。都市を統治するデカルタン治安局長、エリスティア議長ら上層部は、科学力でつくりだした自然を本物と思わせ、人々を巧みに管理していた。都市の最も深い地底にある訓練センター“AIS”には、人間の精神に秘められたパワー、アストラル能力の開発を学ぶ少女たちが集められていた。彼女たちは両親の記憶さえ消され、訓練づけの生活を送っていた。一方、“アカシアン”と呼ばれるレジスタンス・グループがいた。彼らは、上層部のやり方に疑問を抱き、失われてしまった環境を何とか取り戻そうと、自然の秘密を握る“マスター”という存在と交信しようとしていた。交信するには強いサイキック・パワーを持つ人物が必要だったため、アカシアンの少年デューは、AISに潜入しイヴを連れ出す。最初は抵抗していたイヴだったが、ドームの外の荒廃した風景を見せられ、自分の力を使うことを決意する。彼らは遂にマスターと交信、マスターは人類が犯した過ちと、環境保護の必要性を説く。同じ頃、アカシアンを押さえようとした上層部が強力な兵器を使用してしまう。そのためアトラン・シティは崩壊し、人類は全滅してしまった。魂の姿となったイヴは、同じ太陽系で生物がいる惑星“地球”へ下り立つ。そして自分たちのした過ちを繰り返さないよう、地球の先史民族に知恵を授けた。彼らはアトランティス文明を起こし、イヴの魂は、永遠に地球人の平和が続くよう祈るのであった。...

スタッフ

監督
脚本
吉川惣司
原作
世永育子
高木茂和
企画
世永育子
高木茂和
プロデューサー
増田一茂
制作補
張江肇
キャラクター・デザイン
関修一
美術
河野次郎
音楽
西村直記
音楽プロデューサー
稲岡邦弥
主題曲
三枝成彰

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1993年
製作国 日本
配給 マザープロジェクト

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • オウム事件直前の社会のムードが分かる ネタバレ! 環境問題について考えさせる、子ども向け映画として作られたもの。 制作された当時(1993年)の空気が色濃く反映されており、二十年以上たった現在からみると、かなり奇異な印象を受ける。 この作品は、... ...続きを読む

    森の人 森の人さん  2014年6月24日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi