死の医学 末期療養を考える
ホーム > 作品情報 > 映画「死の医学 末期療養を考える」
メニュー

死の医学 末期療養を考える

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

これから死を迎えようとする患者への、医療の在り方を考えた作品。日本のホスピスの数が欧米に比べ圧倒的に少ないことから、取材先をオーストラリアのコーテージホスピスと日本のホームケアサービスにしている。前者は日本の聖路加国際病院院長の日野原重明医師が理想的とした病院で、二十六の個室と四つのラウンジ、研修室、教会などが映し出され、そこに入院している末期ガンの患者たちの穏やかな最後の時が描かれている。後半は日本のホスピスの紹介と日野原医師のインタヴューという構成になっている。キネマ旬報文化映画ベストテン第七位。

スタッフ

監督
演出
今泉文子
監修
日野原重明
脚本
今泉文子
プロデューサー
関晴夫
撮影
関晴夫
音楽
二宮玲子
解説
迫田朋子

キャスト

作品データ

製作年 1992年
製作国 日本
上映時間 30分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi