シミキンの忍術凸凹道中
ホーム > 作品情報 > 映画「シミキンの忍術凸凹道中」
メニュー

シミキンの忍術凸凹道中

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「火の薔薇」「銀座新地図」「お嬢さん乾杯!」の小出孝のプロデュースで「追跡者」の中山隆三が脚本を書いた。昨春の「弥次喜多凸凹道中」につぐ大船二度目の時代劇で、岩沢庸徳の監督昇進第一回作品である。彼は日本美術学校図案科卒業で美術部、企画部から監督部に転じ原研吉の第一助手をしていたもので当年三十八歳である。カメラは「美しき罰」につぐ斎藤毅の担当。

ストーリー

今から四百年前、武力万能の戦国時代のものがたり……貧乏百姓の於可留はわが子金助を忍術使いにしたいと思った。一人で便所にも行けない臆病者の金助は、母に励まされて甲賀流の忍術者戸太白雲斎に弟子入りした。猿飛金助と呼ばれたが、日課といえば薪を割ったり風呂をたいたり、白雲斎の好物のナマズや猪をつかまえる事で、まるで下男同然の忙しさで、不満を口に出すとどこからともなく白雲斎の鉄せんが飛んで来て頭をたたかれる始末。このつらい修行を支えたのは同僚の女修行者於香女がいたからで、金助は内心秘かに彼女に胸をこがしていた。やがて蛍雪の課程をおえて卒業式となったが、末席の金助はだれにもやとわれず失業してブラブラ山を下りた。そうして岩山大六に何も知らずに雇われた。大六の家へ行くとおどろいたことには於香女がいた。於香女は大六の娘だった。金助は得意だったがある日大六が里の町家を襲ってりゃく奪する山賊であると知っておどろいた。於香女もまたこれを知って、二人で大六をいさめたが、大六は仕官の道がつくまでは武士はみんなこうして食うのだと、とり合わない。時に領主佐良波物友が里の庄屋杢兵衛宅を本陣として、金助、於香女の同期生である霧隠三平を供に連れて山ろくに鷹狩を催した。この殿様物友が於香女を見染めたのだ。これをチャンスに大六も仕官の道を得ようと、於香女もハリ切って本陣へ出かけ得意の唄を歌った。ところが夜のおとぎを迫られて、お供の金助だけが表へ放り出された。金助は早速得意の忍術で於香女を救い出すが、すぐ三平が追いかけて三つ巴の忍術合戦になって。このドサクサに物友が杢兵衛の家の有金をせしめて娘の於太吉をさらって急の御帰城だという。於太吉にほれている三平は流石におどろき腹を立てた。金助も於香女も三平の立場に同情した。三人は協力して物友の好色の手から於太吉を救うべく忍術の奥義をつくして無事に取りかえす。武士の馬鹿らしさがつくづくわかった三平は於太吉の婿となり、大六も百姓になった。金助ももちろん於香女と同道で母のもとに帰ってゆく。...

スタッフ

監督
脚本
中山隆三
製作
小出孝
撮影
斎藤毅
音楽
万城目正

キャスト

作品データ

製作年 1949年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 76分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi