恋の蘭燈
ホーム > 作品情報 > 映画「恋の蘭燈」
メニュー

恋の蘭燈

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「ブンガワンソロ」の佐藤一郎で、「赤道祭」の佐伯清が、「暁の急襲」や「さすらいの旅路」のシナリオ協力者井手雅人と一緒に脚本を書き、監督に当たったもので、撮影は「夜の未亡人」の小原譲治である。出演者はかつて日華提携映画「東洋平和の道」に出演、最近まで香港の永華電影公司の映画に出演していた中国の映画女優に、「ブンガワンソロ」の池部良がつきあい、「この旗に誓う」の夏川静江、「ブンガワンソロ」の森繁久彌、「さすらいの旅路」の暁テル子、その他伊志井寛、岡村文子などが助演している。

ストーリー

汪麗華は中国人の父と日本人の母との間に生まれた美貌の混血娘であったが、父の死後母に渡せと遺言された高価なダイヤの指輪一つを持って遥々日本を訪れた。しかし父に聞いた住所にはすでに母はなく、探しあぐねて生活のため横浜のキャバレーの唄姫になっていた。「銀座の雀」というあだ名の与太者佐竹は気のよい男で、麗華のために方々探してやっていたが、遂に貿易会社の社長井原謙太郎と再婚した青山敏子がその人であることをつきとめた。が敏子は過去を秘して嫁いだので強くそれを否定した。そこで謙太郎の前妻の子純一に佐竹が事情を打ち明けたことから、純一と麗華とは知り合い、互いに好意を持ち合った。「自分たちの平和を乱さぬため、日本を去ってくれ」との敏子からの手紙を見たとき、麗華は中国へ帰ることを決意したが、純一の愛情にだけは心をひかれたが、紀子からの中傷でそれも思いあきらめた。そして彼女のダイヤをねらっている佐竹の親分大崎の企みにおちて密輸船に監禁されるが、燿子からの知らせで純一が駆けつけ事なきを得た。敏子も事情を知った夫謙太郎から晴れて許され、麗華のもとへ駆けつけたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
佐伯清
井手雅人
製作
佐藤一郎
撮影
小原譲治
美術
下河原友雄
音楽
服部良一

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

白光乱舞[DVD] ブラックスクール 白光[DVD]
白光乱舞[DVD] ブラックスクール 白光[DVD]
発売日:2003年6月25日 最安価格: ¥3,811 発売日:2012年1月13日 最安価格: ¥3,292
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi