母なれば女なれば
ホーム > 作品情報 > 映画「母なれば女なれば」
メニュー

母なれば女なれば

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は寺田昌業と柏倉昌美の共同で、徳永直のオリジナル・ストーリーから「赤道祭」の棚田吾郎が脚色し、「女の一生(1949)」の亀井文夫が監督、「殺人者の顔」の瀬川順一が撮影に当っている。主演は「薩摩飛脚(1951)」の山田五十鈴に、「わが一高時代の犯罪」の岸旗江に、神田隆、三島雅夫、加藤嘉、沼崎勳などである。

ストーリー

空襲で当時十歳の長男新吉を見失った戦災未亡人安川春枝は、二人の幼児をかかえて必死に働いた。母子の住むアパートの隣室には中学教師高瀬健次が妹幸子と住んでいたが、春枝たちの面倒をよく見てくれた。健次は八年間の出征中、妻が外に愛人を作って去ったという身の上。春枝に好意を持って求婚するが、子供たちの事を考えると春枝は軽々しく返事は出来ないのだった。母と生き別れた新吉は収容されていた少年院を脱走して、盗みをしてつかまり、このことから春枝と再会することが出来た。しかし母の許へ帰っても新吉の心は仲々に解けず、母と親しい健次へねたみの眼を向けるのであった。健次と春枝の仲はついに健次の学校へまでひろがり、そこに学んでいた新吉はそれをきいて再び家を出て行った。翌朝ぼんやり帰って来た新吉を見て春枝は新吉のため健次の求婚をことわろうと決意するが、学校の校長やPTA委員が訪ねて来て健次に就職を強要するのをきいた春枝はたまりかねてとび出して行き、子を持つ未亡人が恋愛をしては何故いけないのかといいきる。そして、強く生きることを決意して再び家をとび出した新吉のあとを健次と二人で追って行くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
棚田吾郎
原作
徳永直
製作
寺田昌業
柏倉昌美
撮影
瀬川順一
美術
平川透徹
音楽
飯田信夫

キャスト

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

どん底[Blu-ray/ブルーレイ] 独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] 濡れ髪喧嘩旅[DVD] 億万長者[DVD]
どん底[Blu-ray/ブルーレイ] 独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] 濡れ髪喧嘩旅[DVD] 億万長者[DVD]
発売日:2009年12月18日 最安価格: ¥3,926 発売日:2013年7月27日 最安価格: ¥3,175 発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,898 発売日:2005年9月22日 最安価格: ¥3,140
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi