母は嘆かず
ホーム > 作品情報 > 映画「母は嘆かず」
メニュー

母は嘆かず

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「ブンガワンソロ」の佐藤一郎。「歌う野球小僧」の渡辺邦男が脚本を書き監督に当っている。撮影は「東京河童まつり」の友成達雄である。出演者は「母待草」の水谷八重子。三代目天中軒雲月改め永田とよ子、「歌う野球小僧」の灰田勝彦、「月よりの母」の江川宇禮雄のほか田中春男、宮川玲子などである。

ストーリー

中支戦線で最後の突撃の直前、小山軍曹の指揮する小山班の戦友たちは、戦争後生きていたら毎年十月一日に靖国神社の社頭で会おうと約束したのだった。終戦後五年目の十月一日靖国の社頭で津島と村田が会い、折から来合せた小山軍曹の妻千代子にもめぐり合い彼女の経営する銀座の小料理店「小柳」へともなわれた。千代子には二人の子供があった。姉の咲枝は、父の業をついで浪曲界で身を立てさせたいという母の意にそむいて、歌謡曲歌手へ転向したいと思っていた。弟の龍一は板前にして「小柳」をつがせたいと思ったが、彼は銀座に巣くうならず者カポネの榮吉の手下になっていた。津島は知人の作曲家に咲枝を紹介しテストを受けさせたが、その結果は成功だった。龍一は津島と母の間を嫉妬してますますぐれ出し、榮吉たちと共に倉庫襲撃に加担しようとする。それを知った千代子は村田や津島に急報して事件の寸前にくいとめた。カポネの榮吉はそれを知って留守中の「小柳」にのり込み、咲枝にいどみかかろうとして、そこにあった小山軍曹の写真を見ておどろいた。彼も小山班の戦友の一人で軍曹に生命を助けられたこともあるのである。傷ついた龍一を連れて帰宅した津島や村田は榮吉に会い自首をすすめた。初めて眼のさめた榮吉は龍一を悪にひき入れた罪を千代子に詫びつつひかれて行くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
渡辺邦男
企画
小笠原久夫
製作
佐藤一郎
撮影
友成達雄
美術
伊藤寿一
音楽
上原げんと

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 75分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi