わが一高時代の犯罪
ホーム > 作品情報 > 映画「わが一高時代の犯罪」
メニュー

わが一高時代の犯罪

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は岡田壽一と岡田茂の共同で、高木彬光の雑誌『宝石』所載の原作から、「霧の夜の恐怖」の高岩肇と「薔薇合戦」の西亀元貞が共同で脚色、「軍艦すでに煙なし」の関川秀雄が監督に当り、「春怨」の大塚新吉が撮影している。出演者は、「舞姫(1951)」の木村功、「恋文裁判」の岡田英次、「銭形平次(1951)」の三條美紀、「曠野の誓い」の岸旗江などに、沼田曜一、信欣三、河野秋武、石黒達也、三島雅夫、薄田研二など。

ストーリー

一高北寮に合宿する妻木、神津、飯田、松下、青木などの五人にも、廬構橋に銃声がひびき、やがて中国の留学生周があわただしく帰国するようになった頃から、時代の嵐がきびしく当るようになった。藤野章子は、義兄飯田に冷酷に扱われてから、一高生を憎み、偽一高生を装う憲兵伍長の手先となって、妻木に近ずき、学園内の自由主義者の情報を集めていた。その妻木は禁断の時計台にのぼって、黒いマントを残して姿を消した。墜死と人に噂されたが彼は某所に身をひそめて自由への闘いを戦っていた。その頃章子は病床にあり、妻木と思想をこえて愛し合うようになっていた。妻木は章子の病気篤しときいて、その病床を見舞おうとしたが憲兵の邪魔に逢って近よることが出来なかった。章子は来合せた神津や松下に自分の非を詫びて死んだが、アルピニストの妻木は清らかな大雪渓に章子の幻を描いて消えて行った。...

スタッフ

監督
脚色
高岩肇
西亀元貞
原作
高木彬光
製作
岡田寿之
岡田茂
撮影
大塚新吉
美術
田辺達
音楽
山田栄一

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 85分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi