黄門と弥次喜多 からす組異変
ホーム > 作品情報 > 映画「黄門と弥次喜多 からす組異変」
メニュー

黄門と弥次喜多 からす組異変

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「又四郎笠」などと同じく高村將嗣が製作した宝プロ作品で、脚本は木下藤吉、監督は「腰抜け二刀流」の並木鏡太郎、撮影は「若様侍捕物帳 呪いの人形師」の平野好美、出演者は「無宿猫」の古川緑波、「神変美女峠」の尾上菊太郎と澤村國太郎、「又四郎笠」の市川春代、などである。

ストーリー

お春の借金催促にいたたまれず、江戸を逃げ出した彌次さん喜多さんは、年頃の娘を続々と誘拐する「からす組」という一団が横行している月賀出羽守の城下にたどりつき、そこで不幸なお光ちゃんと知合った。二人はお光ちゃんの身の上に同情して、何とか彼女の江戸行きの路銀を作ってやろうとするが、丁度一等十両という美人コンクールが催され、二人は女装して出場、所が後を追って来たお春に見破られて、慌てて逃げ出し幽霊屋敷にかくれた。一方、お光もコンクールに出場して一等に当選したが、「からす組」に誘拐された。驚いた二人は、二人の鬚の老人を水戸黄門にしたてて城中に乗り込み、偽ものだと大騒ぎになる所、実は偽に仕立てた黄門は本物だということが解り、駈けつけた助さん格さんの大奮闘で、悪人は召捕られた。...

スタッフ

監督
脚本
木下藤吉
製作
高村將嗣
撮影
平野好美
美術
鈴木正治
音楽
高橋半

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi