東京のお嬢さん
ホーム > 作品情報 > 映画「東京のお嬢さん」
メニュー

東京のお嬢さん

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「初恋トンコ娘」の山口松三郎、北村小松の平凡掲載の原作から「男の哀愁」の池田忠雄と「大学の虎」の池田三郎とが共同で脚色、「虎の牙」の瑞穂春海が監督し、同じく布戸章が撮影を担当している。主演は「天明太郎」の月丘夢路、「男の哀愁」の鶴田浩二、それに有島一郎、吉川満子、清水一郎、河村黎吉、日守新一、堺駿二などが助演している。

ストーリー

有名な植物学者を父に持つ高柳登美子の家と、細菌研究の若い学徒飛島正彦の家は隣り合わせであった。登美子は歌が好きで朝早くから歌ってばかりいるので正彦は研究をさまたげられるので歌なぞ歌って遊んでいる奴にロクな女はいないとののしった。登美子はそれに発奮して周旋業の山田の家へ押しかけ就職をする。山田の家へはそれ以来連日千客万来だが実は登美子目当ての客ばかりで実にならない。しかし、正彦は家を売って引っ越してしまい、そのあとに神林家が越して来た。同家の書生三熊は猛烈な登美子ファンになる。貸間案内で来た塩沢製薬の総務部長毛並は登美子にモーションをかけ手ひどく肘鉄をくうが、そのおかげで、登美子は塩沢製薬の社長の秘書に採用された。ある日社長の用件で尋ねた先が正彦のところで、登美子はまたまたここで正彦と喧嘩してしまうが、登美子の父の取りなしで正彦も塩沢製薬の研究室へ勤めることになる。が、登美子と正彦は相変わらず喧嘩をしつづけ塩沢社長が首をひねった結果二人を結婚させるよりほかにてがないという結論に達して二人はついに会社の辞令によって結婚を命じられた。仲の悪い二人が、実は心の底では猛烈に愛し合っていると悟った社長の粋なさばきであった。...

スタッフ

監督
脚色
池田忠雄
池田三郎
原作
北村小松
製作
山口松三郎
撮影
布戸章
美術
逆井清一郎
音楽
万城目正

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

君の名は 第1部[DVD] 独立プロ名画特選 雲ながるる果てに[DVD] 独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] お嬢さん社長[DVD]
君の名は 第1部[DVD] 独立プロ名画特選 雲ながるる果てに[DVD] 独立プロ名画特選 ひろしま[DVD] お嬢さん社長[DVD]
発売日:2007年10月26日 最安価格: ¥3,324 発売日:2013年7月27日 最安価格: ¥3,201 発売日:2013年7月27日 最安価格: ¥3,175 発売日:2006年5月27日 最安価格: ¥4,104
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi