緑の果てに手を振る天使
ホーム > 作品情報 > 映画「緑の果てに手を振る天使」
メニュー

緑の果てに手を振る天使

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

三宮杉久の原作を、ヴェテラン犬塚稔が脚色、「絢爛たる殺人」の加戸敏が監督したもので「赤い鍵」の辻久一の企画である。出演者は、新派の大矢市次郎に、飯野公子改め、鳩えり子、「赤い鍵」の堀雄二、それに新人子役春野すみれが活躍することになっている。

ストーリー

民江は満洲で両親を失い、引き揚げ援護局の河野秋子の努力でようやく東北の寒村に住む祖父守屋弥市の許に引き取られた六歳の幼女であった。弥市は一人息子豊吉が、自分の反対を押し切って満洲に渡り自分の知らぬ女と結婚してしまってから、人間嫌いになり、人里離れた汽車の線路ぞいのところに小屋を建てて孤独の生活を送っていた。そんな風で、孫の民江も厄介扱いにしていたので、民江は家の傍を汽車が通ると外へ出て、手を振るのを唯一のなぐさめにしていた。やがてここを通る列車の機関士たちも民江に応えて挨拶をするようになった。雪が解け春が訪れる頃には、弥市の心も民江の純真さになごみ、四月から入学する民江のために、貧しいながらも準備をととのえてやるのだった。そのうち、線路の傍で手を振る民江の姿が見られなくなり、機関士たちは民江の安否を気づかって、寒河江駅長に調べて貰うことをたのんで来た。民江は結核性の病気で高熱を発して寝ていた。山形機関区の機関士たちは民江を山形の鉄道病院へ入院させることにした。弥市は再び孫を人に奪われるような気がして反対したが、やがて人々の人間愛の深さに打たれ喜んで民江を彼等の手に托した。入院の日、特に汽車は民江の家の傍で数分間停車して、身動きの出来ぬ民江を乗車させたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
犬塚稔
原作
三宮杉久
企画
辻久一
撮影
杉山公平
美術
川村鬼世志

キャスト

作品データ

製作年 1951年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 87分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi