エノケン十八番 らくだの馬さん
ホーム > 作品情報 > 映画「エノケン十八番 らくだの馬さん」
メニュー

エノケン十八番 らくだの馬さん

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「頓珍漢桃色騒動」(杉山茂樹と協同)で脚本は「お染久松」(渡邊邦男と協同)の藤田潤一で、監督は「影法師」の大曾根辰夫が当たる。カメラも「影法師」の太田眞一担当。主演は中村是好と「お染久松」の榎本健一で、それにシミキン、折原啓子、志織克子、黒川弥太郎などが出演する。

ストーリー

らくだの馬さんの住んでいる長屋には人のいい久六、手斧目の半次、常盤津師匠文字春などがいる。大家は因業な佐兵衛で、みなに憎まれている。ところで、文字春がある日首をつって死んだ。というのは、半次といい仲だったので、近頃半次にいい女が出来たので、そんなことになったのだ。らくだの馬さんは、久六を使って大家から酒をせしめて文字春のお通夜をやった。文字春の家は前にも浪人、あんま、と次々に自殺した縁起の悪い家で、家賃のたまっている馬さんは、その家に追いやられる。ところが、二、三日して馬さんは河豚にあたって死んでしまう。半次は、文字春のお通夜の時のように大家から酒をせしめようと、久六をつかうが、大家は承知しない。そこで馬さんの死骸を持ち込んで困らせ、とうとう酒をせしめ、お通夜をやって、馬さんを墓にうめる。翌晩、久六のところへ馬さんはじめ四つの幽霊が来て、回向をしてくれと言う。長屋中の者が幽霊にひかれて久六の家へ集まった時、ひょっくり馬さんがやって来て、一同仰天する。馬さんは、墓に入ってから、毒が消えて、生き返ったのだ。翌日、大家も半次も死んだ連中の墓を弔うのだった。再び長屋がくる--。...

スタッフ

監督
脚本
藤田潤一
製作
小倉浩一郎
撮影
太田眞一
美術
桑野春英
音楽
栗原重一
録音
森沢伍一
照明
寺田重雄

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

NHK映像ファイル「あの人に会いたい」(1)[DVD] 虎の尾を踏む男達[Blu-ray/ブルーレイ] 虎の尾を踏む男達[DVD] 虎の尾を踏む男達[DVD]
NHK映像ファイル「あの人に会いたい」(1)[DVD] 虎の尾を踏む男達[Blu-ray/ブルーレイ] 虎の尾を踏む男達[DVD] 虎の尾を踏む男達[DVD]
発売日:2008年7月16日 最安価格: ¥2,757 発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,959 発売日:2003年2月21日 最安価格: ¥5,054 発売日:2015年2月18日 最安価格: ¥2,000
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi