与太者と天使
ホーム > 作品情報 > 映画「与太者と天使」
メニュー

与太者と天使

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

小川記正のプロデュースで「湯の町悲歌」の野村浩将が脚本監督に当たっている。撮影は完倉泰一の担当。主演は与太者シリーズとして売り出す「銀座の踊子」の相原亘介をはじめ、大村千吉、水谷四郎らが出演する他、久方ぶりの霧立のぼる、夏川静江、「ホームラン狂時代」の三谷幸子らがそれぞれ出演する。

ストーリー

相原秋雄とその妹敏子は引き揚げ途中母と生き別れてしまいいまだにその行方が分からなかった。兄妹は玩具工場に務めていたがふとした事から敏子は窮地に追い込まれ、大村千八や水谷五郎に助けられ、知り合いとなった。まもなく敏子は下宿先の叔父さん山本の世話でレヴューに専念する事になり見事試験も合格したので、希望をもって練習に励んでいた。幸い歌の先生に認められ、めきめきと上達していった。一方秋雄と千八と五郎の三人組は、親無し子の三人がそろえば、力強いと称して夜学に通いながら煙突掃除を業としていた。そして秋雄の母を一日でも早く探すため、山本さん達と協力したが、なかなか見当たらなかった。とある日熱海に旅館の女中をやっている由紀子という母の名と同じ人がいることが分かって、一行は出かけるが、実は全然違う人であった。クサった秋雄は毎日しょんぼりと暮らしているのを見兼ねて千八と五郎は気合いをかけるが、ちょっとした事で仲違いをしてしまった。しかし結果は三人はよりよき団結をしたのである。そして敏子の晴れの舞台の日がやってきた。その日偶然、生け花の上手な看護婦が、急病で倒れた京子の室にやってきた。その人こそ秋雄と敏子の実の母であった。三人は大村や水谷やそして山本さん達にかこまれて晴れの再会をしたのであった。...

スタッフ

演出
野村浩将
脚本
野村浩将
製作
小川記正
撮影
完倉泰一
美術
北川恵笥
音楽
古賀政男
録音
亀山正二
照明
石川緑郎

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 82分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi