夢を召しませ
ホーム > 作品情報 > 映画「夢を召しませ」
メニュー

夢を召しませ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「殺人鬼」「踊る龍宮城」につぐ久保光三のプロデュース、「鐘の鳴る丘 修吉の巻」の菊田一夫の原作を「大都会の顔」(新東宝作品)新藤兼人と共同脚本した長瀬喜伴の脚色、「シミキンのスポーツ王」につぐ川島雄三の監督でカメラは「初恋問答」の長岡博之がそれぞれ担当している。出演は「花も嵐も」の津島恵子に、松竹少女歌劇団の秋月惠美子、芦原千津子、曙ゆり、小月冴子らのほか、岸井明、高屋朗、日守新一、殿山泰司らが共演している。

ストーリー

春海渚はレビューにあこがれて上京したものの、踊子にもなれず、劇場の案内係をしていたのに郷里の恋人弱木紋太にはスターになっているということにしていたが、あいにく紋太は渚のその晴れ姿を見ようと上京してきてしまった。スターの春海渚と尋ね歩いてもだれ一人知る者もいない。一方渚はスターのミッキイのファンから贈り物を届に部屋に入るが、目についた燕尾服に目が止まり、留守を幸い、衣裳を着込んで喜んでいた。ところへドアにノックがあり、驚いた渚は窓から外の手すりに逃げたが、シルクハットを風に飛ばされ、それを拾おうとした瞬間、よろめいた渚はそのまま気を失ってしまった。--照明も消えた舞台に、一人立つ渚は、影法師に望みをかなえてやろうと言われて、錦絵のような美しい長崎の故郷へ連れていかれた。渚の顔をみると歌声と共に、大衆が押し寄せ、渚は「ナーギイ」という花形にされてしまった。花馬車にのせられたナーギイは王子にされ、李花の姫と共に、ナーギイ歓迎会場に連れて行かれた。大勢の観衆に囲まれて、すっかり有頂天になった渚は、始めは驚いたが、そのうちに自分でもナーギイになりきってしまった。その会場へ紋太と李花の恋人、王龍が憤慨してやってきた。樹の上でそれを見ていた、陰智己と頓智己はすっかり喜んでその結果を見ようと、魔力で娘姿に化けて後をつけた。すっかり王子にまつり上られたナーギイは銀の靴を出して、シンデレラを探したが、その靴をはけたのは、貧しい娘と、李花だった。二人のシンデレラの出現にナーギイは迷ったが、よく見ると貧しい姿の娘は、同じ劇場に働いていた翠だった。翠は間違いでも起こらないうちに帰ってくれと耳に囁いたが、今は驕慢になった有頂天のナーギイは、反対に翠をつきのけて、李花をシンデレラ姫に決めてしまった。そこへ乗り込んできた紋太と王龍のために、ナーギイは正体を暴露され、大衆に追われて逃げ出さなければならなくなった。一心に逃げるナーギイは魔力によって南蛮山お化け寺に吸い込まれ、影法師の主獏々和尚のためにいつまでもナーギイにしておいて貰う約束で、だまされて影をとられてしまったのだ。渚は影の代償として再びナーギイになったつもりだったが、舞台の花形として踊り狂うナーギイの相手は、実は悪魔だったのである。ナーギイにはその悪魔の姿が、人気者のミッキイ、タッピイに見えるのだ。そこへ紋太と翠たちが駆けつけて、悪魔のもっとも嫌う、十字架を持って、獏々和尚の魔力を解いて、ナーギイをやっと元の姿に帰すことが出来たのである--。開幕のベルが鳴っている。渚は、手すりから落ちて実は気絶していたのだ。夢からさめた渚は、なつかしい紋太の姿を発見して、二人は熱い抱擁をするのだった。...

スタッフ

監督
脚本
長瀬喜伴
原作
菊田一夫
製作
久保光三
撮影
長岡博之
美術
浜田辰雄
音楽
万城目正
録音
大野久男
照明
小泉喜代司

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 72分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi