頓珍漢桃色騒動
ホーム > 作品情報 > 映画「頓珍漢桃色騒動」
メニュー

頓珍漢桃色騒動

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

製作は「恋愛三羽烏」(杉山茂樹と協同)「影法師」の小倉浩一郎と杉山茂樹の協同で、淀橋太郎の脚本から「我輩は探偵でアル」「生さぬ仲」の市川哲夫が監督し、「まぼろし夫人」の服部幹夫がカメラを担当する。主演は「恋愛三羽烏」の清水金一、「森の石松(1949)」の朝霧鏡子、「脱線情熱娘」の堺駿二らである。

ストーリー

ある中都市で仙太と亀吉は「のらくろコンビ」という健全な社交場を経営していた。市民たちはなみこの社交場を愛していた。職業野球の選手清水もここのファンで唄手のマリとは恋仲だった。ある日土地の親分吉良の一味が嫌がらせをやりにクラブへやってきたとき、ちょうど清水が居合わせ、見るに見かねて彼らをやっつけてしまう。ところがその活劇場面を新聞社のカメラマンに撮られてしまい翌日の三面欄にでかでかと発表され、監督からひどく叱られ、以後喧嘩をしたらチームから除名だといわれる。又恋人マリから結婚の条件に喧嘩をしないこと、という一条を承認させられる。やがて清水はチームと試合旅行に出かけるが、そのあと吉良の一味はクラブの横領を策し、一味の女の色仕掛で仙太と亀吉をだまし、ついに社交場を手に入れてしまう。そして「のらくらクラブ」は「夜のバラ」と改名され、不健康なインチキキャバレーと化す。市民たちは自分たちの娯楽場を失い失望する。そこへ清水が旅行から帰ってきてそれと知り、憤慨する。同時に吉良が同じような方法で、あるカフェーを横領したとき、それに義憤して弱者の味方になったマリ子の兄が何者かに殺されたことを知った。犯人が吉良一味とは見当がつくが証拠がなく、未解決の事件になっていた。清水はその解決と同時にクラブを仙太、亀吉の手に取り戻すため、電話でチームの監督に喧嘩をするからと除名を求め、マリにも同じ理由で婚約を取り消す。そして仙太、亀吉を伴い「夜のバラ」へ乗り込み、マリの兄の殺人犯人が吉良であることを知り吉良一味を相手に大活躍となる。やがてそれと知った市民、野球選手たちがかけつけ孤軍奮闘の清水を助けて大格闘の末、吉良一味は捕らえられ、再び「のらくらクラブ」は市民のものになり、清水はマリと結婚し、仙太、亀吉もそれぞれ恋人を得る。...

スタッフ

監督
脚本
淀橋太郎
製作
小倉浩一郎
杉山茂樹
撮影
服部幹夫
美術
本木勇
音楽
多々良紳一
録音
石原貞光
照明
山本行雄

キャスト

作品データ

製作年 1950年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi