音楽二十の扉
ホーム > 作品情報 > 映画「音楽二十の扉」
メニュー

音楽二十の扉

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「びっくりしゃっくり時代」の監督島耕二が構成し「女囚36号」の笠原良三が脚本を書き「東京の夜」の新人水野治が第二回作品として監督する。「ぜったい愛して」の日高澄子が東京に初出演して、小林桂樹と組み、ジャズ落語の人気者三遊亭歌笑、素人のど自慢のピカ一床屋の英ちゃんが映画に初出演し、再起の川田義雄の大映初出演も見られる。撮影期間一週間という戦後初の早取り映画として、劇中歌や音楽のカットは古ものの中から随時再編集される。

ストーリー

「それは鉱物です」「主に金属ですか?」「加工品ですか?」「装身具ですか?」「手のひらにのりますか?」「もらってうれしいものですか?」(陰の声)「それはエンゲージリングです。」新平とすみちゃんは相愛の中である。今日もここ極楽座の楽屋では新平、すみちゃん、楽屋番のおじさん、踊り子のレイちゃん以下総出演で出番を待つひととき和気アイアイ二十のとびらに打ち興じている。今日はとくに音楽映画に関係ある出題というわけでたのしくもまたなつかしい思い出の名曲、最近流行の新曲がわき出ずる。...

スタッフ

監督
構成
島耕二
脚本
笠原良三
原案
根岸省三
撮影
峰重義
美術
今井高一
音楽
服部良一
録音
橋本国雄
照明
下村一夫

キャスト

作品データ

製作年 1948年
製作国 日本
配給 大映・東京
上映時間 59分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi