野球狂時代
ホーム > 作品情報 > 映画「野球狂時代」
メニュー

野球狂時代

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「五人の目撃者」につぐ東横京都作品で、撮影所長のマキノ満男が自ら製作、企画を担当する。新東宝の「エノケンのホームラン王」と歩調を合わせて、同じサトウハチローが原作し「女の一生(1949)」「母と子」の八住利雄が脚色し「唄まつり百万両」につぐ新東宝の斎藤寅次郎が始めて東横で演出する。「春爛漫狸祭」の杉狂児が親と子の二役を演じ、浪曲の広沢虎造、漫才界から花菱アチャコ、ミス・ワカサ、玉松一郎が出演する。小田切ふみ子は東横の新人である。他に小唄の美ち奴と、急映、金星の両チームが特別出演。

ストーリー

日本に野球が到来したころ、六さんの父は名選手として鳴らしたもので「野球のフェアプレイの精神こそ、将来の日本を救うものである」と遺言して死んだ。その子の六さんも大の野球狂で、女房に美容院を開かせて、自分は近所の床屋、表具屋、食堂のおやじ、奇術師などという連中と、降っても照ってもキャッチボールをやっているが、そのくせいたって下手くそという不しょうの子である。六さんには五年生になる男の子があってこれは長屋の少年野球団の名投手である。せがれに対する六さんの期待は甚大である。六さんがあまり野球にこって失敗が続くので、ついにお内義さんは野球をのろい、ついに六さんに外に出て働くように要求する。二、三日就職に歩いた六さんは、ある日職業野球団の選手となり、急映軍の大下というのが自分であると報告する。お内義さんも得意で客たちと連れ立って後楽園に急映、南海戦を見物に行く。ところが六さんは場内の雑役夫として働いているので、赤恥をかくが、父の遺言を守って、かくまで野球にうちこむ六さんの真情にホロリとする。そのうち息子の少年チームが近くの屋敷町の少年チームと試合をすることになり、長屋の親たちはこぞって応援に出かける。ところがアンパイヤが、六さんの美容院へ来てお内義さんとケンカしたことがある屋敷町のマダムの家の書生なのですっかり買収されて、勝つべき試合を負けてしまう。あとでこれを知った六さんは大いに怒り、たちまち長屋中を動員して、美人床屋の娘もお内義もメンバーに加わり対屋敷町の親同志の珍野球試合が始まる。六さん夫婦のバッテリーのファインプレイで遂に堂々の勝利をおさめる。その夜六さん夫婦は息子が大下二世になって大ホームランを飛ばしている同じような夢を見た。...

スタッフ

監督
脚色
八住利雄
原作
サトウ・ハチロー
企画
マキノ光雄
製作
マキノ光雄
撮影
安本淳
美術
堀保治
照明
西川鶴三
編集
宮本信夫

キャスト

作品データ

製作年 1948年
製作国 日本
配給 東横
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi