春の目ざめ(1947)
ホーム > 作品情報 > 映画「春の目ざめ(1947)」
メニュー

春の目ざめ(1947)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「戦争と平和」の八住利雄と、「四つの恋の物語(1947)」第二話「別れも愉し」の成瀬巳喜男が共同で脚本を書き、演出は成瀬巳喜男、撮影は新人中尾駿一郎が起用された。主役の少女達にも、久我美子、木島美久子、國井綾子らのニューフェイスが選ばれた。

ストーリー

なべてのつぼみ 花とひらく いと麗はしき 五月の頃 恋はひらきぬ わがこころに 少女らしい感傷的な調子で、ハイネの詩集を手にする年頃ともなれば、例え詩の意味は判らなくても、極く自然に、何かを求め、思い煩う。久美子も花恵も京子も、そして明子も、そういう時期にさしかかった、同じ女学校の三年生であった。皆仲良し。だが明子にはすでに恋人があった。あとの三人も、何とハッキリは言えないが、ムッチリ膨らみかかった胸の中に、対象を求める意志のようなものが、もやもやとうずいている。だから花恵の家に久美子と京子が遊びに行った時、高等学校の生徒である花恵の兄国男や、その友達浩司、伸吉等と会って以来、丁度三人と三人が、どちらからともなく引きつけられて行くのだった。これは初恋というものだろうか。とにかく全く自然に起る春の目ざめと言わねばなるまい。淡く消え去るかも知れないし、熱烈の恋愛に発展するかも知れない。広部家の女中とみ枝の場合でも同じ事だったのだ。だが親達にすればやはり心配なのである。男が出来た、というのでとみ枝は解雇された。年頃の久美子に対する影響を恐れて。しかし久美子には親達のやり方が不可解であり、不満でもあった。そんな時に一つの事件が起きた。同級生の明子が妊娠したというのである。赤チャンが出来るというのはどんなことなのか。どうして出来る? 少女達の大きな疑問であった。同時に彼女等の恋人達にとっても問題であろう。理解ある親達は、子供達を驚かせず、また不自然な興味を起させないように、静かに教えなければならないのである。そして目ざめたばかりの春の息吹を、美しく健やかに育てて行くであろう。...

キャスト

作品データ

製作年 1947年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 90分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi