人生画帖
ホーム > 作品情報 > 映画「人生画帖」
メニュー

人生画帖

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「喜劇は終りぬ」に次ぐ大庭秀雄演出作品。

ストーリー

竹下閑平は『現代公論』社長であり、金と欲とにとりつかれている男である。今日も今日とて社員の久山直三を連れて、現代公論得意の名士立志伝のネタをとるべく、冨士工業の田宮専務を訪れるが、話はいつの間にか城南光学の買収問題に落ち、筆記について行った久山は呆然とさせられる。久山は元々社長のゆきかたに不満を持ち、何とかして社長の誤った方針を改めさせたいと思っているが、非力な一社員の彼にはなかなか思うようにはゆかない。それどころか社長の命令とあれば城南光学へ買収の件でおもむかなければならない。そんな彼の会社へある日一人のタイピストが入社した。山口三千代と名乗る溌剌とした美人で、社長は一目で御満足『貴女のような方に来て頂ければ、仕事の能力もあがる事でしょう』そう言う社長の顔へぷうーっと煙草のけむりを吐きつける彼女である。城南光学は遂に冨士工業の買収するところとなったが、それに反対した城南の行員朝見章太郎は官憲に拉し去られる。買収の裏面に躍る須磨少佐の差しがねであった。あまりにも腐敗した社内の裏面に愛憎をつかした久山は辞職しようとするが、それは卑怯だ何処までも戦えと言う三千代の言葉に彼は一度は考え直すが、須磨少佐や田宮らの陰謀に乗せられ現代公論をそっちのけにして閑平が竹下南方拓殖などというものを設立するに及んでは、奮然退社せざるを得なかった。三千代が彼と行動を共にした事はもちろんである。しかし敗戦に次ぐ敗戦の結果として南方拓殖の事業などは発展すべくもなかった。閑平もようやく須磨、田宮一派にあざむかれていた事に気がつくが時すでに遅く彼はとことんまで財をはたいていた。彼は狂人のように己の事務所で暴れ回る。--それから一年の後、久山と三千代を中心とした新しい人々の手によって『現代公論』は再出発をする事となった。...

スタッフ

演出
大庭秀雄
脚本
斎藤良輔
撮影
中村喜代治

キャスト

作品データ

製作年 1946年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 81分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

木下惠介生誕100年 わが恋せし乙女[DVD] 私は貝になりたい〈1958年TVドラマ作品〉[DVD] 独立プロ名画特選 ともしび[DVD]
木下惠介生誕100年 わが恋せし乙女[DVD] 私は貝になりたい〈1958年TVドラマ作品〉[DVD] 独立プロ名画特選 ともしび[DVD]
発売日:2013年12月5日 最安価格: ¥1,990 発売日:2008年10月31日 最安価格: ¥3,175 発売日:2013年12月21日 最安価格: ¥2,052
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi