幾山河
ホーム > 作品情報 > 映画「幾山河」
メニュー

幾山河

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

『婦人倶楽部』連載の武田麟太郎の小説を田中重雄が監督したものである。戦時中検閲保留のものだったが終戦後にマ司令部より上映許可になった。

ストーリー

京都の富豪山村家の令嬢広子は家庭教師川瀬に思いを寄せその下宿へ家出してしまう。川瀬は父の危篤の電報に郷里沼津へ発つと広子は彼を追って行く。下宿の娘初枝は広子に野心を抱く山村家の執事塚本の執拗な追及に対し山村をかばって恋人は自分だと言い切る。その場でこれを聞いた初枝の許婚小泉は初枝の幸福を願う心から沼津の川瀬を訪れ初枝の意中を伝えようとするが、そこで広子に引きづられている川瀬の姿を見、帰宅してこれを初枝に告げる。初枝は嫉妬から二人の居所を山村家へ電話で報じる。反省して川瀬へ電話で追手の向かうことを知らせる。沼津を逃れて東京に来た川瀬、広子は遂に離れられぬ間柄である。しかし生活は苦しく広子は川瀬の心を信じ切れず京都へ帰り初枝に上京をすすめる。初枝はようやく希望を持って川瀬の許へ出発する事が出来るのであった。...

スタッフ

監督
脚色
陶山密
原作
武田麟太郎
撮影
青島順一郎

キャスト

作品データ

製作年 1946年
製作国 日本
上映時間 65分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi