扉を開く女
ホーム > 作品情報 > 映画「扉を開く女」
メニュー

扉を開く女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「歌ふ狸御殿」に次ぐ木村恵吾監督作品。

ストーリー

明治十二三年頃、横浜での物語--ある露路の長屋に栗崎菊栄という裁縫の師匠がやもめ暮らしをしていた。隣には月琴の流しをしているお絹という美しい娘が母と二人暮らし。お絹は稼業に似ずしおらしい素直な娘である。彼女は貿易商阿島家の駆者をしている江口信吉という将来弁護士を志す青年と愛し合う仲であった。阿島は信吉を見込んで跡取りに迎える。信吉は彼の師で阿島の尊敬する内藤先生にお絹との結婚を申し出るが反対される。これに同情した菊栄は自分の過去の悲しい思出にひきくらべて二人の恋を成し遂げせさるべく決心する。彼女は幕府の奥医師を勤めた栗崎道圭の息女として生まれ何不足ない身であったが、家門の名誉のため高野という相愛の書生との仲を生木を裂くが如く裂かれ封建的結婚を強いられたのであった。その後菊栄は良人に死別し子もなく現在のわびしいやもめ暮らしをしているのだった。信吉は自分達の正しい恋を全うするためお絹を連れて大阪へ出奔しようと決意するが菊栄に諭され止まる。菊栄は内藤先生を訪れ、切々と懇願するが容れられなかった。お絹は内藤先生に信吉を諦めるよう頼まれ悲嘆のあまり死を企てる。菊栄はこの上は直接阿島に会って話をつけるべく阿島邸を訪れるが、阿島は昔の恋人高野であった。万感胸に迫るのを振り切って事情を話す菊栄に阿島も「自分達が見られなかった夢を見せてやりたい」としみじみ語り恥じらう信吉とお絹を満足をもって眺めるのである。...

スタッフ

監督
脚本
依田義賢
企画
松山英夫
撮影
宮川一夫
音楽
西梧郎
録音
大谷巖

キャスト

作品データ

製作年 1946年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 78分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi