キムの十字架
ホーム > 作品情報 > 映画「キムの十字架」
メニュー

キムの十字架

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

第二次大戦中、日本軍によって弾圧された朝鮮人の若者の眼を通して戦争の犠牲となった朝鮮の人々の姿を描くアニメ。和田登原作の同名小説の映画化で、脚本は「チスト みどりのおやゆび」の立原りゅうが執筆。監督は「死線を越えて 賀川豊彦物語」の山田典吾、アニメ監督は真下耕一がそれぞれ担当。

ストーリー

朝鮮半島の慶尚北道の村で育ったジェハとセファン兄弟の一家は、日本軍によって田畑を取り上げられ、きわめて貧しい生活を送っていた。その為、勉強好きな弟セファンは学校へも行けず悲しい思いをしていた。見かねた兄ジェハは、近所の少女ヨンスーに見てもらう。やがてセファンはヨンスーの案内で教会にも通うになるのだった。ところが、日本軍のキリスト教弾圧を恐れた家族はセファンの将来を心配し、彼を山向こうの鍛冶屋へ預ける。その頃、日本軍は密かに長野県松代に十三キロメートルにもおよぶ大本営地下壕を掘るために朝鮮の人々を強制的に連れ去っていた。そしてジェハも無理矢理連れていかれ、粗末な食事の上、昼夜兼行の辛く危険な作業を強制させられ、それによって数多くの仲間が傷ついていった。やがて戦争も終わり、やっと朝鮮に帰れると思った矢先、ジェハは幼いセファンもこの松代に連れて来られていたことを知る。必死にセファンを探すジェハだったが、セファンは同胞の身がわりとなって、すでに死んでいたのだった。ジェハは朝鮮へ帰国する仲間と別れ、再び壕の中に入っていった。その中で何日も岩を刻むジェハ。それは今も松代地下壕の中に輝いているキムの十字架だった。...

スタッフ

監督
アニメーション監督
真下耕一
脚本
立原りゅう
原作
和田登
製作
山田火砂子
アニメプロデューサー
大倉宏俊
撮影監督
横山幸太郎
美術監督
多田喜久子
音楽
宮下富実夫
録音監督
明田川進
編集
三木幸子
吉田ちひろ
ナレーション
小林清志

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
上映時間 80分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi