走れ!白いオオカミ
ホーム > 作品情報 > 映画「走れ!白いオオカミ」
メニュー

走れ!白いオオカミ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

野生のオオカミと少年との暖かい心の交流を描くアニメ。メル・エリス原作の同名小説の映画化で、脚本は「童謡物語」の剣持亘が執筆。監督は「タッチ3 君が通り過ぎたあとに」の前田庸生、作画監督は同作の江口摩吏介、撮影監督は「魔女の宅急便」の杉村重郎がそれぞれ担当。

ストーリー

ラセットと白い狼グレイは幼い頃から共に育てられ、強い友情で結ばれていた。ある日、グレイは町の有力者ショットのボクサー犬をかみ殺してしまう。鎖につながれているグレイに数々のちょっかいを出していたボクサー犬にグレイの怒りが爆発してしまったのだった。それによって様々な汚名を着せられ、町の人間に追われることになったグレイ。そんなグレイを救うため、ラセットは500キロ離れたニコレット国立森林公園の狼の保護区に連れて行く決心をするのだった。その夜からラセットとグレイの長い旅は始まった。愛犬を殺されたショットはハンター隊を組織し、新聞やラジオは「人食い狼」の動向を連日報道し、グレイを追跡して来るのだった。そしてやっとの思いでニコレットに着いたラセットとグレイ。しかし、人間の匂いのついた狼を野生の群れに戻すことは大変に困難なことだった。だが、それ以外にグレイの生きる道はないのだ。数日後二人の別れの時がやって来た。雪が辺りを真白にしたある朝、グレイはラセットから身体を離すと、凄まじい野生の遠吠えを強く長く響かせた。森から仲間の狼の遠吠えが聞こえてくる。それはグレイとラセットの永遠の別れであった。そして、これから二人は別々の道を歩いて行くのだった。...

スタッフ

監督
脚本
剣持亘
原作
メル・エリス
製作
藤田健
プロデューサー
対木重次
キャラクター原案
熊田勇
作画監督
江口摩吏介
撮影監督
杉村重郎
美術監督
松岡聡
音楽
アントニン・ドヴォルザーク
音響監督
田代敦巳
録音
稲村和己
編集
古川雅士
監督補
原田益次

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1990年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi