恋山彦
ホーム > 作品情報 > 映画「恋山彦」
メニュー

恋山彦

劇場公開日

解説

吉川英治の原作を、「榛名ばやし 喧嘩鷹」の比佐芳武と「怪談一つ目地蔵」の村松道平が共同で脚色、「たつまき奉行」のマキノ雅弘が監督したもので、橋蔵が二役で活躍する娯楽時代劇。撮影・吉田貞次。

ストーリー

五代将軍徳川綱吉の世。綱吉は年若く、天下の実権は大老柳沢吉保に握られていた。そのころ、伊那・虚空蔵山の頂きに伊那平家村と呼ばれ、壇之浦の戦いに敗れた伊那宗則を祖とする一族があった。一族の首領・小源太が館に迎え入れた娘はお品である。彼女の父は、吉保の愛妾おさめの方に名器「山彦」を所望され、それを断わったために不慮の最後をとげたという。朝敵を討つ機会を待っていた伊那平氏は、この話を聞きその鋒先を吉保に向けた。小源太は江戸に入り、綱吉・吉保と対決した。しかし、一族三名の命を失い、自らは江戸城の堀の水に身を投じた。平家村も軍勢に攻められ潰滅、「山彦」も奪われた。お品は江戸に向った。小源太は画師・英一蝶に救われていた。一蝶の親友の無二斎は、小源太と瓜二つだった。小源太と思い勢いかかる捕手に「汝ら今日の語り草に、伊那の禅司小源太が最後を見よや」と叫び腹に刀を立てた。無二斎の最後を知り、お品からは平家村の全滅をきいて、小源太の心は暗かった。と、朗報が舞いこんだ。お品の亡父の友人紀の国屋文左衛門の計らいで、柳沢邸祝宴の場に乗りこめることになったのだ。その日、柳沢邸は小源太の死を祝っていた。やがて、文左衛門奉納の宝生流能舞台となった。能面をはいだ小源太が吉保に迫り、狼狽する吉保を斬った。小源太は一族の仇を、お品は父の仇を討つことができた。...

スタッフ

監督
脚色
比佐芳武
村松道平
原作
吉川英治
企画
中村有隣
撮影
吉田貞次
美術
川島泰三
音楽
鈴木静一
録音
石原貞光
照明
安田与一
編集
宮本信太郎

キャスト

作品データ

製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

恋山彦[DVD] 勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 大江戸七人衆[DVD]
恋山彦[DVD] 勢揃い東海道[DVD] 水戸黄門[DVD] 大江戸七人衆[DVD]
発売日:2008年4月21日 最安価格: ¥3,759 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2016年2月10日 最安価格: ¥1,728
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

恋山彦 恋山彦
恋山彦 恋山彦
2013年12月28日 2013年12月28日
¥324 ¥324
DMM.com GYAO!ストア

他のユーザーは「恋山彦」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi