恋愛裁判
ホーム > 作品情報 > 映画「恋愛裁判」
メニュー

恋愛裁判

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

下光軍二のエッセイを映画化したもので、「サラリーマン十戒」の若尾徳平が脚色し、「背中を掻いて頂戴な」の尾崎甫が監督したコメディ。撮影も同じく「背中を掻いて頂戴な」の坂本松雄が担当した。

ストーリー

磯村真理は妙齢の美人弁護士である。男女の絶対的平等を目指して法律事務所に勤めている。弁護士仲間の河合省吾とは互いに憎からず思っているのだが、愛情の方は一向に進展せず、会えば議論ばかりしている。ある日、親友の寺尾喜美子が調停を頼んで来た。プロ写真家の夫節太郎がヌードモデルに熱を上げて困るというのである。節太郎は妥協を見せるどころか、モデルを家に同居させた。問題は家庭裁判所に持出された。次の仕事は売春容疑で挙げられた顔馴染みの芸者玉子を貰い下げに行くことだった。やっと貰い下げたところ、玉子は意外なことを真理に頼んだ。竹内という男からサービス代に貰った小切手が不渡りでマンマとだまされてしまったから、先方からその金を取ってくれというのである。競輪場で竹内に交渉したが、なかなかの狸で金を出さない。真理が詐偽罪で訴えるとおどすと、やっと一万円出した。一方寺尾には妾立退きの処分を強行して反省を促したつもりだったが、寺尾はモデルともども家を出てしまった。河合は真理の姪順子が押しかけ秘書に来て弱っていた。順子のお色気戦術が盛んな上に、玉子の口から真理が河合のことを何とも思っていないと聞かされたのでくさった。その頃寺尾と喜美子の離婚問題が再燃した。銀座のバーに勤めた喜美子は慰謝料をとって寺尾と別れる決心をしたが、モデルに逃げられた寺尾はヨリを戻したがった。ひょんなことから双方の弁護人として真理と河合は法廷で顔を合わせた。順子は河合が真理を愛していることを知って身をひいたものの、二人の険悪な対立におろおろした。法廷では二人の長々しい論争をよそに、喜美子と寺尾はすべてを水に流して堅く抱き合った。この事件は真理と河合を接近させた。雨降って地固まったわけである。...

スタッフ

監督
脚色
若尾徳平
原作
下光軍二
製作
桑田良太郎
撮影
坂本松雄
美術
木村芳男
音楽
鏑木創
録音
田中俊夫
照明
高下享三
編集
北見精一

キャスト

作品データ

原題 Love on Trial
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 69分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi