東京べらんめえ娘
ホーム > 作品情報 > 映画「東京べらんめえ娘」
メニュー

東京べらんめえ娘

劇場公開日

解説

「続社長太平記」の笠原良三と「殿さま弥次喜多 怪談道中」の共同執筆者・笠原和夫との共同脚本を「娘の中の娘」の佐伯清が監督したもので、浅草を舞台にした明朗篇。撮影は「黒い指の男」の三村明。

ストーリー

三代に亘って江戸前を誇る、寿司正の主人正吉は、気が短くて喧嘩っ早くて情にもろい。正吉には、亡妻との間にもうけた娘、勝江と紀代子がいた。だが勝江は、正吉のしつけに反発し、恋人の許へ家出してしまった。紀代子は寿司正の看板娘として働いている。--勝江が赤ん坊を紀代子にあずけに来た。彼女は薄給の良人・川島と貧しい生活を送っていたのだ。紀代子は、正吉にはお客さんの芸者お玉の子供だと偽ってあずかることにした。職人の武志が通りすがりのオートバイ乗りと一悶着起した。駈けつけた紀代子は、相手の男性が素晴らしいので思わず出かかったタンカを呑みこんだ。彼は倉元進といったが、これが縁で寿司正へ出入りするようになった。ある夜、たまたま店を訪れたお玉の失言で、赤ん坊光男のからくりがバレた。正吉は怒鳴ったが、心の中では光男を寿司正の跡とりとして育てようと思った。川島はオートバイ設計者だったが、彼の設計するオートバイは試乗者の未熟なためいつも失敗していた。川島は今度の試乗者に進を考えた。--進は紀代子を連れて水戸にいる母のたつをたずねた。たつは大喜びで紀代子を迎え二人は婚約した。が、ヒョンなことから正吉とたつが大喧嘩を始めてしまったのだ。水戸の士族を誇るたつに対して、江戸っ子の見得をきる正吉。折角進がオート・レースで一着になっても意味がない。いまやこれまで、決心した紀代子は家を飛び出した。職人連中も紀代子の後に続いた。こうなっては頑固な正吉も致し方ない。もともとつまらない誤解が喧嘩の始まり、親同士は娘や息子のために我を折った。勝江・川島の夫婦も許された。紀代子と進は“縁談、近くまとまる、大吉”というおみくじを引いた。...

スタッフ

監督
脚本
笠原良三
笠原和夫
企画
原伸光
撮影
三村明
美術
進藤誠吾
音楽
米山正夫
録音
加瀬寿士
照明
入江進
編集
祖田富美夫

キャスト

作品データ

原題 The High-spirited Girl in Tokyo
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 84分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

勢揃い東海道[DVD] ひばり・橋の花と喧嘩[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD] 美空ひばり DVD-BOX 7[DVD]
勢揃い東海道[DVD] ひばり・橋の花と喧嘩[DVD] 恋すがた狐御殿[DVD] 美空ひばり DVD-BOX 7[DVD]
発売日:2016年1月6日 最安価格: ¥1,728 発売日:2007年5月25日 最安価格: ¥3,201 発売日:2005年3月25日 最安価格: ¥3,791 発売日:2005年5月28日 最安価格: ¥11,695
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

東京べらんめえ娘 東京べらんめえ娘
東京べらんめえ娘 東京べらんめえ娘
2014年5月2日 2014年4月30日
¥324 ¥324
DMM.com GYAO!ストア
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi