少年探偵団 敵は原子潜航艇
ホーム > 作品情報 > 映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」
メニュー

少年探偵団 敵は原子潜航艇

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

江戸川乱歩の原作を「快傑黒頭巾(1953)」の小川正が脚色し、「月光仮面 魔人の爪」の若林栄二郎が監督した冒険科学活劇。撮影も「月光仮面 魔人の爪」の星島一郎が担当。

ストーリー

月ロケット完成に沸く、小林博士邸に怪人二十面相が現われた。一一〇番の知らせで、名探偵明智小五郎や中村捜査課長がかけつけた時には、二十面相は怪信号を残して消えた。ロケット発射の日、関係者は厳重な警戒網をしいた。自衛隊員に変装した二十面相や、沖合に浮上した敵の原子潜航艇に誰も気づかなかった。緊張の一瞬、ロケットは打上げられた。その時、潜航艇からミサイル弾が発射された。苦心のロケットは墜落した。小林博士はミサイル弾より速度の早いロケットを製作することを決心した。一方、明智探偵は必死に二十面相の跡を追った。そこで二十面相は日本人で、某外国の密命を受けている者とわかった。ある日、小林邸に黒眼鏡の男が、二十面相だと偽ってゆすりに来た。これを利用して変装した明智探偵は二十面相をおびき寄せるのに成功した。焼跡の地下巣窟に忍び込んだ明智探偵は、数々の秘密を発見し、そこで二十面相が第二のロケット妨害を指令していた。小林博士の令嬢トモ子の卒業式の日、二十面相が彼女を拉致した。二十面相は博士に第二のロケットを破壊しないとトモ子を殺すと脅迫した。明智探偵は中村課長に連絡して、地下室を包囲した。乱戦の末、明智探偵の活躍でトモ子が救われたが、二十面相は巧みに逃走した。防衛庁の探索で敵潜航艇を発見した。小林少年やマリ子たち少年団員、それに明智探偵が特別哨戒機に乗り込んだ。そして二十面相も副操縦士に化けて乗っていた。第二号ロケットが発射されようとした時、またも二十面相は少年たちの命と引換えに博士を脅迫した。が、一瞬早く明智探偵のピストルが二十面相の胸にあてられた。その時、飛行機がぐらりと揺ぎ、二十面相は空中に落ちた。その下には潜航艇がいた。が哨戒隊の特殊魚雷で、潜航艇を撃沈した。月ロケットの発射は見事に成功した。...

スタッフ

監督
脚色
小川正
原作
江戸川乱歩
企画
根津昇
撮影
星島一郎
美術
藤田博
音楽
小川寛興
録音
小松忠之
照明
吉田一
編集
祖田富美夫

キャスト

作品データ

原題 The Boy Detective
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 61分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi