花は嘆かず(1958)
ホーム > 作品情報 > 映画「花は嘆かず(1958)」
メニュー

花は嘆かず(1958)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

北条誠の連続放送劇を映画化したもので、「顔役(1958)」の椎名利夫が脚色、「泣き笑い日本晴れ」のコンビ穂積利昌・西川亨が監督・撮影したメロドラマ。「この天の虹」の大木実、「大東京誕生 大江戸の鐘」の森美樹、「自殺を売った男」の有沢正子に、泉京子・佐竹明夫などが出演する。

ストーリー

夏川忍は大阪の紡績会社に勤める榊原清之と知り合った。母が車にはねられかけたとき、親切にしてくれた青年である。彼も彼女に好意を抱いた。忍は仕出し屋「やなぎや」の二階を母と借りてい、扇流舞踊の代稽古格である。清之は従兄の篠原を兄のように尊敬していた。篠原の妻・奈緒子は別居して、生花の師匠をしている。清之は二人を元に戻そうとしていた。忍は大阪へ出張中・師匠扇昇翁の息子・昇之助に言い寄られた。同じホテルに篠原の友人・土木技師の岩本が泊ってい、篠原が忍を救った。忍には津久井昌彦という幼馴染がいた。清之と同じ会社に勤めている。学生時代、忍と言い交した仲だ。昌彦は社長の娘・杏子と婚約し、倉敷の工場長になることに決る。忍は昇翁に踊りを辞めたいと申し出、昇翁から破門を言い渡された。忍は知り合いの奈緒子に頼み、篠原が編成局長の京都の放送局に勤めることになった。清之も倉敷に転勤することになった。杏子が度々遊びに来、清之にモーションをかける。清之は出張で大阪へ来たが、忍には会えない。奈緒子から篠原の新しい女が忍だという噂を聞かされる。清之はそれが本当だと思いこむ。篠原は忍を清之の嫁にと思っていたのに。忍が清之の帰りの汽車まで追ってきても、清之は冷くした。忍は下関に行く岩本に連れられて倉敷へ向う。清之は杏子と津久井のお供で、岡山のホテルへ行っていた。忍はホテルへ来た。清之は取合わぬ。その夜、忍は宿でまんじりともしなかった。忍は岩本の力を借りようと鹿児島へ向う。清之が後を追ったときは遅かった。指宿の町で、忍は岩本の世話で観光ホテルに住みこみ、女中に踊りを教えることになった。清之は杏子のことで津久井となぐり合った夜、杏子の強引さに思わず接吻する。彼は社長に呼ばれ、娘と結婚してくれと頼まれた。彼は断れなかった。そのことを彼の寮の女中・三枝子が指宿のホテルに勤めに帰ってきたとき忍に話す。清之は杏子との式を間近に控えて、やはり忍を愛していたと思い知る。忍は踊りのコンクールの審査に来た昇翁親子に会う。昇之助がボウ害しようとしたが、民謡踊りはつつがなく終る。しかし、岩本が現場でケガをした。山の温泉場で、岩本は忍に控え目な求愛をした。彼には亡妻の子供があったから。忍はそれに答えた。大阪では杏子と津久井の結婚式が行われた。清之は同僚の谷からこんどは本物を探せと言われる。忍の結婚の話も聞かされた。篠原夫婦は離婚手続きの際、古城が真実を告げ、誤解がとけ、仲直りした。清之は鹿児島へ向った。忍に会い、一言でも詫びたかったからだ。忍にはもう遅かった。しかし、岩本が若い二人のためと身を引き、仕事場の大泊へ帰って行った。清之と忍は大阪行きの飛行機で飛び立った。...

スタッフ

監督
脚色
椎名利夫
原作
北条誠
製作
小糸章
撮影
西川亨
美術
川村芳久
音楽
万城目正
録音
服部満洲雄
照明
蒲原正次郎
編集
相良久

キャスト

作品データ

原題 Flowers Never Tell
製作年 1958年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 169分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi