大江戸千両祭
ホーム > 作品情報 > 映画「大江戸千両祭」
メニュー

大江戸千両祭

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

柳家金語楼の芸能生活五十周年記念として作られた人情喜劇。宇野信夫の『心の灯』を原作に、竹井諒と、「ジャズ娘に栄光あれ」の蓮池義雄が共同で脚本を書き、「サザエさんの婚約旅行」の青柳信雄が監督、「続々・サラリーマン出世太閤記」の鈴木斌が撮影した。主演は金語楼のほか、「旅姿鼠小僧」の八千草薫、「ドジを踏むな」の小泉博、「大学の人気者」の太刀川洋一、ほかに榎本健一、ミヤコ蝶々などの喜劇陣が総出演する。

ストーリー

江戸は神田、太兵衛長屋に住む大工の金兵衛は娘お蝶と二人暮し、腕は自慢の働き者だが、お祭り騒ぎが大好き。その金兵衛が、ある日、金を失くして身投げしようとしている山城屋の手代、多七を救ったことから、山城屋の主人、彦兵衛に見込まれ、店への出入りが許された。長屋へ礼にきた多七は、お蝶に一目惚れ。やがて祭りがきた。ところが長屋の連中は隣村の若い衆と大喧嘩、相手方に怪我人が出て、金兵衛は代表して、顔役竹蔵のもとへ謝りに行ったが、読み書きのできない彼は詫び状が書けず大恥をかいてしまった。しかし、そのうち彦兵衛から、多七の嫁にお蝶をもらいたいと云われ金兵衛は大喜び、二つ返事で、これを引受けてきた。ところが意外、お蝶は、断ってくれという。びっくりした金兵衛は、近所の者から、お蝶が断ったのは、実は、大店へ嫁げば無学の父に余計苦労をかけるからだと知って二度びっくり。ついに、彼は浪人栗田陣内のところへ字を習うため通うことに決心した。それから、見るもいじらしい金兵衛の手習いが始った。甚内も、熱心さにほだされて手を取って教えた。数十日後山城屋は、縁談の返事を待ち切れずに多七を連れて金兵衛宅に押しかけてきた。そして金兵衛は、金釘流ながら見事に結納の受取に署名した。明けて十五日、雪も止んだ朝、赤穂の浪士が主君の仇を討ったという報せ。一散に永代橋へかけつけた金兵衛は、義士の中に不破数右衛門の襟印をつけた甚内の姿を見た。甚内は「手習いを怠るな」の言葉を残して去った。それから数日後、山城屋では多七、お蝶の祝言が行われ、箒のような筆で、“寿”を書く金兵衛の明るい笑顔が見られた。...

スタッフ

監督
脚色
竹井諒
蓮池義雄
原作
宇野信夫
製作
山本紫朗
撮影
鈴木斌
美術
北猛夫
音楽
神津善行
録音
三上長七郎
照明
西川鶴三

キャスト

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi