煙突娘
ホーム > 作品情報 > 映画「煙突娘」
メニュー

煙突娘

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

水谷良重を中心としたミュージカル・コメディ。水上伸郎と安倍徹郎のオリジナル・シナリオを前田昭が第一回作品として監督した。撮影は「若い獣」の栗林実。主演は「悪徳」の水谷良重、「“噴水”より 抵抗する年令」の菅佐原英一、「真夜中の顔」の若原雅夫。他に片山明彦・関千恵子・北原隆らが助演。

ストーリー

ちょっとドライで、ちょっとウェットな現代娘・山鳩ルミは大学教授を父に持つ踊子だ。素晴しい四肢、ハスキー・ヴォイス、ファニイ・フェイスという魅力の持主。ルミを得んとする五人の青年グループがある。彼等はルミの父の教え子だ。舞台が休みの日、彼等の待つ喫茶店に出かける途中、チンピラに妨げられたとき、ルミは得意の合気道で片づけてしまう。それが新聞に出たため、父はカンカンになった。彼女を家庭的な娘にしたいばかりに、父は五人組につき合い、その中の一人と結婚させると宣言する。さてその五人の作戦は、--最初、雑誌記者・佐々木君は江の島に連れ出したが、完全に裏をかかれ近づけられず、挙句は洞窟で気絶させられてしまった。ビヤガーデンに勤める社長令息・天野君は親父を口説き店に招待することに成功したが、敵はさるもの、三十人余の踊子を従えて現れ、ドンチャン騒ぎ。哀れ、彼は翌日からボーイへ格下げと相なった。さて、三番打者・山田君は保険会社員。趣きを変えて観光船興安丸に案内し、ロマンティックなムードにひたらせ--と思ったが、ルミは船内の歌合戦に出場、鐘を鳴らしてしまう。審査員神山は彼女をプリマドンナとして迎えたいと思った。そのとき、ルミにいつかのチンピラが躍りかかったが、みんな海中へなげこまれた。プロ野球選手の島村君は山中湖へ連れだしたが、キザな行動で軽べつされてしまった。最後の金原君は建築技師。逆にルミが遊びに行くと、女の来る所でないと怒られてしまう。反撥はして見たが、何か胸にモヤモヤしたものがあった。さて神山はルミを主役に抜擢した。が、父は退団届を出してしまった。ルミは意を決し大煙突に登ってしまう。大騒ぎの後、遂に父は折れた。そして、駈けつけた金原が説明書を手に登っていった。--彼とルミが結ばれたのは勿論である。...

スタッフ

監督
脚本
水上伸郎
安倍徹郎
企画
中野繁雄
製作
亀田耕司
撮影
栗林実
美術
平川透徹
飯田公夫
音楽
小川寛興
録音
長岡憲治
照明
岸本万平
編集
沼崎梅子

キャスト

作品データ

原題 Girl Chimney Sitter
製作年 1958年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi