別れの波止場
ホーム > 作品情報 > 映画「別れの波止場」
メニュー

別れの波止場

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

新井一のオリジナル・シナリオを「へそくり親爺」の山崎裕理が監督、「強情親爺とピンボケ息子」の西前弘が撮影した歌謡映画。主演は春日八郎に、「どん底」の藤木悠、それに夏亜矢子、北川町子。そのほか山茶花究、万代峯子、由利徹など。

ストーリー

加須谷耕次は愛人加津子に裏切られたと信じ、年老いて故郷にのこる母の写真を懐に、港町でヤクザの生活を送っていたが、××海運の船長福田の父親に似た愛情のもとに、ヤクザから足を洗って一人前の船乗りになった。ところが加津子は、父によって軟禁され、耕次と会うことができなかったのである。ところが或夜、港町の酒場で二人は再会、さらに愛情を深めるのだった。ところが福田は過去一度の誤ちから昔の仲間前川等に脅迫され、密輸船のカジを握らざるを得なくなる。耕次は前川一味の本拠に乗り込み、福田の代りを買って出た。その夜は加津子と共に故郷の母を訪れる約束だったが、彼は前川を訪ね、そこで福田と鉢合った。福田は耕次をかばうが、福田を邪魔者と見た前川のピストルに耕次の正義がよみがえり、闘争の末福田は傷つくのだった。案じる耕次に福田は、耕次の母お筆こそ自分が初恋の人であると伝え、無事逃げることをすすめる。だが、前川一味は彼等を包囲し、危険が追っていた。丁度その時、沖仲仕となって密輸団をさぐっていた刑事の連絡によって警官隊が殺到、大乱闘となる。かくて一味は捕えられるが、耕次も関係ある参考人として連行された。かけつけた加津子に、彼は「お母さんをたのむ」と一言言い残し、やがて愛の生活の営まれる日を心に描きながら、たち去るのであった。...

スタッフ

監督
脚本
新井一
企画
宇佐美進
製作
山本紫朗
撮影
西前弘
美術
藤田哲郎
音楽
飯田三郎
録音
山之内樹一
照明
丹羽淳
編集
庵原周一
助監督
辻村光慶

キャスト

作品データ

製作年 1958年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 60分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD]
キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD] キングDVDカラオケHit4 春日八郎[DVD]
発売日:2008年9月26日 最安価格: ¥2,057 発売日:2008年9月26日 最安価格: ¥2,057 発売日:2008年9月26日 最安価格: ¥2,057 発売日:2008年9月26日 最安価格: ¥2,057
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi