春泥尼
ホーム > 作品情報 > 映画「春泥尼」
メニュー

春泥尼

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

週刊サンケイに連載した今東光の原作を、「麻薬3号」の松浦健郎が脚色、「雌花」の阿部豊が監督、同じく峰重義が撮影した異色篇。主演は「乳房と銃弾」の筑波久子、二谷英明、「暖流(1957)」の左幸子、「白い悪魔」の岡田眞澄。その他、沢本忠雄、小園蓉子、小杉勇、細川ちか子、東恵美子など。

ストーリー

春枝は河内の貧農の娘だった。自分の家に下宿している若い教師泉田に、すでに唇を許していた。闘鶏狂いの父のために日日の糧にも苦しむ一家を見て、天徳寺の住職は口べらしに春枝を尼にすることをすすめた。河内生駒山の門跡寺院で、春枝は尼僧見習としての修業を始めた。門主の御附弟さん春鏡は、春枝と同年で、彼女をいじめる光映尼から何かとかばってくれた。春枝は断髪して春泥となり、春鏡と共に、京都の尼衆学林に入学した。そこの同僚妙宣尼の恋愛事件は、彼女たちにはショックだった。女の喜びを知った妙宣は恋人のあとを追って自殺したのだ。春泥たちは平沼賢吉という建設会社の若い副社長と知り合い、茶屋で遊んだりした。彼の後輩の浅井藤太郎は、門跡寺の檀家である父を持っていた。掟で托鉢に歩いた春鏡たちは賢吉に出会い、春鏡は春泥を先に帰らせて、彼とドライヴした--。春鏡が夜更けて帰ってきたとき、春泥は女の本能で彼と彼女の間に何が起きたかを悟った。春が来て、彼女らは門跡寺へ帰った。近江屋の法事に、春鏡の名代として行った春泥は藤太郎から親切にされたが、それを賢吉が光る目で見ていた。その帰り、春泥は賢吉の車に強引に乗せられ、彼の愛の告白を受けた。それから二人の逢瀬は続き、春泥は彼の子をみごもる。春泥は苦悩の末、還俗して女の喜びに生きようとした。が、賢吉は腹の子を堕ろせと札束を渡した。春泥はそのまま、ふらふらと我が家までさまよい歩き、それがもとで流産した。春泥が元気になったとき、天徳寺の住職は自力で生きよと励まし、彼女はまた寺へ復帰しようと思った。門跡寺では尼公が死に春鏡が門跡を継いだ。彼女が喜んで春泥を迎えた翌朝、春泥は思い立って仏道行脚へ出発した。春鏡は彼女が必ず帰ってくることを知っていた。...

スタッフ

監督
脚色
松浦健郎
原作
今東光
製作
児井英生
撮影
峰重義
美術
木村威夫
音楽
斎藤高順
録音
沼倉範夫
照明
三尾三郎
編集
辻井正則

キャスト

作品データ

原題 The Story of Nun
製作年 1958年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi