少年猿飛佐助(1958)
ホーム > 作品情報 > 映画「少年猿飛佐助(1958)」
メニュー

少年猿飛佐助(1958)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

読売新聞に連載された檀一雄の原作を、「素っ飛び笠」の小川正が脚色、「花吹雪鉄火纏」の河野寿一が監督、「神変麝香猫」の三木滋人が撮影した忍術映画。「おしどり駕篭」の中村賀津雄、「忍術水滸伝 稲妻小天狗」の丘さとみ、植木基晴、「母つばめ」の松島トモ子、薄田研二、吉田義夫、石井一雄、といった顔ぶれが出演する。色彩はイーストマン東映カラー。三部作。

ストーリー

戦乱で父を失った少年佐助は、立派な武士になろうと、姉おマア、郎党伍助と一緒にさすらいの旅を続けていた。そして、或る時、戸隠山に住む術者山中山城守に見出され、忍術の業を修めた。更に、豊臣家にあって智将と噂される真田昌幸の次男幸村に会う機会をつかみ、得意の忍術で真田家に仕える身となった。徳川方は小さな真田城を隙あればと狙っていたが、或る日、使者が現れ上田沼田の城を返すようにと詰め寄った。翌日、返答を携えて徳川の本陣に乗り込んだのは、清海入道に、佐助を供につれた小さな百合姫であった。徳川家への挑戦を堂々と伝えた百合姫の言葉に、怒った徳川方の大将玄蕃たちは斬りつけてきたが、佐助の忍術で悠々とその場を去った。いきり立った徳川軍は、忍者夜霧の源助を佐助の向うに張らせ、術をめぐらして真田軍を一挙に亡ぼそうと企んだ。源助の忍術で真田城は水攻めにあったが、佐助もさるもの、十字を切って気合をかけると、水は引きかえし玄蕃の軍隊を一のみにしてしまった。昌幸は家来の中から十人の勇者を選び諸国の大名の動静を探らせようとした。佐助もその一人に選ばれた。それから三年。無事役目を果たして帰った佐助を、元服した幸村、成長した百合姫が迎えた。間もなく、佐助は幸村の命を受け、ひそかに大砲を作る大鷲山へと向った。だが、途中、霧の中を風のように飛んで行く佐助の後姿を、源助の女房おツルが恐ろしい顔で睨んでいたのだ。...

スタッフ

監督
脚色
小川正
原作
檀一雄
企画
辻野公晴
田口直也
撮影
三木滋人
美術
吉村晟
音楽
山田栄一
録音
中山茂二
照明
田中憲次
編集
宮本信太郎

キャスト

作品データ

原題 Kid Magician Sasuke Part 1
製作年 1958年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 69分

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

神州天馬侠[DVD] 神州天馬侠 完結篇[DVD]
神州天馬侠[DVD] 神州天馬侠 完結篇[DVD]
発売日:2008年4月21日 最安価格: ¥3,655 発売日:2008年4月21日 最安価格: ¥3,620
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi