天下の鬼夜叉姫
ホーム > 作品情報 > 映画「天下の鬼夜叉姫」
メニュー

天下の鬼夜叉姫

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

“小泉の泉”所載の瀬戸口寅雄の原作を「坊ちゃんの主将」の中沢信と「風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍」の共同脚色者の一人、仲津勝義が共同で脚色、「謎の紫頭巾 姫君花吹雪」の毛利正樹が監督した時代活劇。撮影は「毒婦夜嵐お絹と天人お玉」の友成達雄。主演は「続・若君漫遊記 金比羅利生剣」の明智十三郎と宇治みさ子、天知茂、「怪談累が淵(1957)」の若杉嘉津子。

ストーリー

徳川五代将軍綱吉の頃、徳川家は百年の計成りお家盤石の感ありと見えたが、地方にはまだ豊臣の残党が徳川家転覆の機を狙っていた。福島家の遺児鶴姫を擁した一党は昼は曲芸人に身をやつし夜は夜叉面の騎兵隊に豹変して暗躍を続け、既に大名森忠継を血祭りに上げた。驚いた老中伊豆守は、女隠密戸山綱と露木丈太郎に動静を探るよう命じた。鶴姫は京之介と変名し、軽業小屋で手裏剣の妙技を披露していた。丈太郎は忠継が襲われた折の手裏剣の腕さばきを思い京之介一座に目をつけて楽屋を訪れた。京之介の守り役藤蔵は彼を酒肴でもてなしその隙を狙って一味は京極邸を襲撃、通り合せた戸山も島津家剣客重之進が捕えた。一味の跳梁は日増しに目に余るようになり、蜂須賀家をも襲ったがそこでは丈太郎の網が張られていて大乱闘を展開した。京之介は藤蔵が丈太郎の胸元を狙っているのを見て「無益な殺生じゃ、身替りをうって何となる」と叫ぶのだった。綱吉が鷹狩りの途中、島津屋敷に休息する機を狙い、将軍を暗殺しようと図った。鷹狩りの当日、腰元の手踊りがすむと家老脇坂は正面に向って一礼「上様、趣向を変えまして軽業師京之介一座の曲芸を--」伊豆守の面上には疑惑の色が浮んだ。その頃、丈太郎は重之進を倒して戸山を救け出し、危機の島津屋敷へ疾駆した。京之介の手裏剣が将軍の胸元へ飛んだと思った瞬間、丈太郎は間髪入れず飛びこんでそれをさえぎった。屋敷内はたちまち修羅の巻。綱吉の馬を追う京之介、それを追う丈太郎。やがて丈太郎は京之介の馬に飛び乗り、将軍を救い、更に自刃せんとする京之介の腕をも押えた。京之介こと鶴姫は、伊豆守の温情により京都梅小路お預けと決まり、丈太郎に守られて京に向った。...

スタッフ

監督
脚色
中沢信
仲津勝義
原作
瀬戸口寅雄
企画
津田勝二
撮影
友成達雄
美術
岩武仙史
音楽
別宮貞夫
録音
片岡造
照明
傍土延雄

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 71分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi