健太と黒帯先生(二部作)
ホーム > 作品情報 > 映画「健太と黒帯先生(二部作)」
メニュー

健太と黒帯先生(二部作)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ラジオ東京、中部日本放送などの連続放送劇寺島アキ子の原作を「続大番 (風雲篇)」の笠原良三が脚色、「ふるさとの灯台」の原田治夫が第二回目の監督に当り、「名犬物語 吠えろシェーン」の宗川信夫が撮影を担当した。主演は劇団こけし座の少年広田栄二、第十期ニューフェイスの石井竜一と金田一敦子が抜擢されるほか、見明凡太朗、高堂国典、町田博子、立花宮子など。

ストーリー

第一部--健太は親兄弟もない一人ぼっちだけれども、小犬のチビや、おじいさんや長屋の姉さんがいるので寂しくはなかった。健太は東京から来た鉄兄いの子分になりたいと思ったが、町の子供たちが通っている、黒帯先生の道場へ史郎君の紹介で入ることが出来た。富夫君のお父さんは町の有力者で健太たちに道場を寄付してくれた。突然のおじいさんの死で、健太は史郎君の家に引取られた。敏子姉さんは東京に働きに出てしまって、急に寂しくなった。おじいさんの書置きで、健太は戦争で生きわかれたお父さんが生きているかもしれないということを知った。ある日、健太は富夫君と喧嘩をして、富夫君のお父さんは怒って、道場を温泉に改造することになった。健太はくやしくて道場跡でいたずらをしていると、鉄兄いにみつかっていじめられた。そこに通りあわせた黒帯先生が鉄兄いを投げとばして助けてくれた。そのために先生は警察に留置された。健太はみんな自分のせいだと思い、史郎君の家にもいづらくなり、急にまだ見ぬお父さんが恋しくなり、チビを連れて東京行のトラックに乗ってしまった。第二部--東京に着いた健太は、お父さんの居所もわからず、上野の公園で知合った与太者の政の紹介で朝日奈組の世話になった。全日本柔道選手権試合で上京した先生は、友人で新聞記者の高木を尋ね、健太を探す手伝いを頼んだ。浅草で働いている敏子さんの食堂で健太をみつけたが、鉄兄いや政たちに邪魔され、健太は先生のいうこともきかずに、どこかへ姿を消した。その後健太は鉄兄いの手伝いをして、警官に追われチビは死に健太は怪我をした。先生は見事試合に優勝し、そこには敏子さんに抱れた健太の姿もみえ、先生に詫びるのだった。田舎にもどった健太は富夫君とも仲直りして、道場も再建された。そのとき、行方のわかった健太のお父さんから、健太に会いに来るという電報がとどいた。...

スタッフ

監督
脚色
笠原良三
原作
寺島アキ子
企画
久保寺生郎
製作
永田秀雅
撮影
宗川信夫
美術
高橋康一
音楽
塚原哲夫
録音
三枝康徐
照明
田熊源太郎

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi