妻こそわが命
ホーム > 作品情報 > 映画「妻こそわが命」
メニュー

妻こそわが命

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

拳闘家ピストン堀口の伝記をもとにした橋本忍の原案より「嵐の中の男」の谷口千吉と「名犬物語 吠えろシェーン」の星川清司が共同で脚本を執筆、「忘れじの午後8時13分」の佐伯幸三が監督した拳闘映画。撮影は「満員電車」の村井博。主演は「残月講道館」の菅原謙二、「永すぎた春」の若尾文子、船越英二。他に夏木章、若松和子、平井岐代子など。

ストーリー

堀内次男は岡村トレーナーの体当り戦法に教えられ、恋人秋子にも会わない激烈な練習がみのって、拳闘界にはなばなしくデビューした。人は彼を「ピストン堀内」と呼び、リングの王者とたたえた。秋子の父は「殴り合いなんかする男に娘はやれない」と、彼女の結婚を許さない。秋子は家を飛び出して、日本拳闘協会会長田辺の家へ身をよせていた。しかし彼女は、堀内が日本一の拳闘家になるよりも、平凡な夫になることを望んでいる。堀内の闘志がなかなか理解できなかった。第一回全日本選手権大会の時、堀内は防禦を知らない攻撃戦法によって、相手からさんざんたたかれた。血のしたたるリングで、必死の秋子を認めた彼は、最後の力で勝利を占めた。こうして堀内と秋子は結婚したが、秋子はやはり彼の拳闘生活と結婚生活の間に、わり切れぬ感情をいだいていた。やがて戦争、軍隊にとられた彼に軍医は「氷い間強く打たれた君の頭は脳挫傷を起している」と語る。即日帰京を命じられた彼の心は、妻と二人の子供をかかえて暗かった。戦争が終り、拳闘界は再び活気を呈しはじめたが、すでに病を得た堀内のカムバックは悲惨だった。彼の時代と、戦術は変ったのである。体当り時代は終り、防禦と攻撃の技術的な統一が要求されている。失意の彼は、引退を決心した最後の闘いに勝利を占め、その夜電車事故で生涯を終った。...

スタッフ

監督
脚本
谷口千吉
星川清司
原案
橋本忍
製作
永田秀雅
撮影
村井博
美術
仲美喜雄
音楽
小杉太一郎
録音
渡辺利一
照明
柴田恒吉

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi