さけぶ雷鳥(三部作)
ホーム > 作品情報 > 映画「さけぶ雷鳥(三部作)」
メニュー

さけぶ雷鳥(三部作)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

吉川英治の同名小説を、「若さま侍捕物帳 深夜の死美人」の村松道平が脚色、「雨の花笠」の内出好吉が監督したアクション時代劇。撮影は山岸長樹。主演は新人尾上鯉之助(尾上鯉三郎の次男・昭和八年生れ)、「鞍馬天狗 御用盗異聞」の丘さとみ、「多情仏心」の大川恵子、「源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流」の若水美子。「さけぶ雷鳥」(1957年6月4日公開 58分)「さけぶ雷鳥 第二部」(1957年6月10日公開 57分)「さけぶ雷鳥 解決篇」(1957年6月18日公開 58分)。

ストーリー

◇第一部--徳川五代将軍綱吉のころ、老中稲葉丹後守は信州の山里で、莫大な軍用金と強力火薬の秘密を握る真田幸村の遺臣、鍔師の青池光親を探るため伝八郎、圭之介の二人の隠密を放つが、石田三成の孫娘伊那姫の一党に伝八郎は斬られ圭之介は行方不明となる。伝八郎の妹仮名江は男装して柳生門下の本間滝太郎と信州に向うが光親は娘早百合と逃げてしまっていた。逃げる旅の途中光親は、大老柳沢の養女おちゃらと争いを起し、復讐を期すおちゃらは情夫の冬吉を使い光親から真田の秘密を彫り込んだ雷鳥の鍔を奪わせようとする。雷鳥の鍔を狙う者には豊臣の残党僚友や大老柳沢の輩下碇屋軍兵衛もいた。旅を行く滝太郎と仮名江は、やがて光親の隠れ家を見つけ、旅人を装い一夜の宿を乞うが断られる。その二人に早百合が古堂を教える。二人は古堂に行くが突然、痣友らに襲われ、危機を忽然と現れた黒覆面に救われた。黒覆面こそ行方不明の圭之介だった。彼は素性をかくし伊那姫の一党に潜入していたのだ。やがて光親は雷鳥の鍔を仕上げると精魂つきて死んだ。早百合は父の遺言に従い、江戸の兄光次郎の持つ雷鳥の小柄と新しい鍔の符号を合せ謎を解くため旅に出る。早百合の動向を知った伊那姫一党と碇屋一味は二手に分れ彼女を襲う。切羽つまった早百合は雷鳥の鍔を谷底深く投げ捨てた。◇第二部--谷底から雷鳥の鍔を拾ったのは冬吉、江戸へ持帰っておちゃらに差出したが、新しい情夫、駒木根蔵人を可愛がるおちゃらは蔵人に命じ、雷鳥の鍔をつけた力で冬吉の首を斬らせた。その一瞬、鍔から奇怪な呪いの叫びが飛んだ。首斬り役人は無気味に思い、鍔を商人の伊豆屋に譲るが、伊豆屋は間もなく変死、さらに雷鳥の鍔は不吉な災いを次々と伴って遂に痣友の手に渡った。この痣友を見つけた滝太郎は彼の後を追うが江戸潜伏中の伊那姫一党に妨げられ危いところを再び黒覆面の圭之介に救われた。一方、早百合は兄光次郎を探しあて一切を告げるが、密偵の報せで話の筋を聞いた大老柳沢は光次郎を捕え雷鳥の小柄を奪いとる。さらに柳沢は鍔をねらう伊那姫らの暗躍を知り、その一党を捕え鍔を手に入れようと一計を案ずる。伊那姫らが芸人一座として江戸にいるのを幸い、自分の別宅に将軍上覧と称して催す宴席に一座を余興に招き一挙に捕えようというのだ。一方、伊那姫は圭之介を密かに想っていたがある夜、痣友に襲われた早百合を救う滝太郎と仮名江の前に現れ、三人の危機を免れさせた黒覆面が圭之介であることを知った。いよいよ柳沢の酒宴が開かれる日がきた。美人に変装した伊那姫ら豊臣の残党も招かれて席に連なった。が柳沢の謀略を知ってか知らずか彼らも、この機に江戸八百八町を火の海にしようと考えていた。そして宴半ば伊那姫は上席の将軍の命を狙うが、それは先に捕えられた光次郎が扮した替玉だった。忽ち柳沢の手勢と、蜂起した痣友らとの間に大乱闘。騒ぎの最中、先に腰元に身を替え邸内に入った早百合が雷鳥の小柄を盗み出そうとするが失敗、家臣に追われるのを滝太郎に救われた。が、問題の小柄は忍び込んだ黒覆面に奪われた。◇第三部--雷鳥の小柄を奪ったのは圭之介だった。滝太郎は、早百合と光次郎兄妹を助けて脱出する。伊那姫も重囲を切崩し逃れる。途中、おちゃらの情夫駒木根に追われる。それを圭之介が助けたが危機一髪に彼が投げた雷鳥の小柄は駒木根の肩に刺さり再び行方不明となる。おちゃらは駒木根との不義を咎められて追放され、一攫千金を夢み、これも雷鳥の鍔と小柄を奪おうと、かねて駒木根を手離していたのだ。伊那姫は柳沢家の失敗によって豊家再興の念を捨て信州へ戻るが、これを不服とする痣友は雷鳥の鍔を持出し再び江戸へ出る。一夜、彼は滝太郎と会い戦うが、今はお秀と名を変えたおちゃらに助けられる。お秀は無論、痣友の鍔が目当て。酔った痣友から鍔を奪い駒木根とともに小柄をも揃えて財宝探しに信州へ旅立つ。滝太郎も仮名江と早百合を連れて後を追い、柳沢の手下碇屋も続く。かくて信州の山深く鍔と小柄をめぐる最後の争奪戦が始った。仮名江は哀れにも駒木根に斬られるが滝太郎は、これを討ち、さらに鍔と小柄を持って、折から現れた痣友と逃げるお秀も倒す。痣友は伊那姫の矢に射たれる。この時、碇屋一味が襲うが、突如圭之介が躍り込んで一味を斬り破った。雷鳥の鍔と小柄は光次郎、早百合兄妹の手に入ったが、光次郎は禍いのもとである財宝の眠る滝壷を爆破、山を下った。圭之介と伊那姫は終生を誓い、滝太郎と早百合もしっかりと結ばれた。...

スタッフ

監督
脚色
村松道平
原作
吉川英治
企画
田口直也
撮影
山岸長樹
美術
角井博
音楽
小沢秀夫
録音
中山茂二
照明
岡田耕二
編集
宮本信太郎

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 173分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi