ますらを派出夫会 粉骨砕身す
ホーム > 作品情報 > 映画「ますらを派出夫会 粉骨砕身す」
メニュー

ますらを派出夫会 粉骨砕身す

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

秋好馨の漫画「ますらを派出夫会」の映画化。「極楽島物語」の共同脚色者の一人、新井一が脚本を書き「目白三平物語 うちの女房」の小田基義が監督、「チンドンやの娘」の西前弘が撮影した。主演は「続サザエさん」の柳家金語楼、三木のり平、「ロマンス誕生」の有島一郎、「へそくり親爺」の横山エンタツ。ほかに清川虹子、夏亜矢子、環三千世など。

ストーリー

芦屋に豪壮な邸宅をもつ社長富山甚介は南極探険ならぬ女人探険に仲々の発展。染奴という芸者の名刺がポケットから出てきたり、女中に手をつけたり。艶子夫人は今度は、ますらを派出夫を頼むことにした。早速あらわれた派出夫は碧眼のウィリアム・マスラー。派出夫といえば、むくつけき男と思っていた夫人と娘の洋子は意外な美青年ぶりに忽ちポーッとなる。洋子はマスラーのシャツを洗濯をしてやったり全く主客転倒。帰宅した甚介は、夫人が三味線を引き、美男の外国人が小唄を唄っているのを見て唖然。やがて憤然と派出夫会に電話、色男でない派出夫と取換えろと申入れた。色男でない男、亀山派出夫が富山家に来た。洋子は「あんたの顔を見ると食欲がなくなる」と亀山に云うが、甚介は家内安全の神と喜ぶ。しかし亀山はひょんなはずみで染奴と同行中の甚介に艶子を会わせたため逆鱗にふれてクビとなる。亀山の次の就職先は嵐山医院兼薬局。亭主の割太郎が医者、薬屋が妻のカン子で家計は全部ワリカンという合理主義の家。医院と薬局の二軒分働く亀山も忙しさの余りノイローゼ気味となる。そんなある日、一大事件が起った。カン子の留守中、亀山が胃の薬だと思って子供に売った薬が劇薬だったというのだ。「これで信用がゼロになった」と喚く割太郎とカン子。放送車で「胃の薬を嵐山薬局でお求めの方は……」と町を練り歩く騒ぎとなった。が、劇薬と思ったのは、やはり胃の薬だったことをカン子が発見し事件は収まった。しかし、人騒がせを起した亀山派出夫は哀れクビとなった。...

スタッフ

監督
脚本
新井一
原作
秋好馨
製作
山本紫朗
撮影
西前弘
美術
近藤司
音楽
広瀬健次郎
録音
中川浩一
照明
丹羽淳
編集
庵原周一
助監督
岡謙造

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 50分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi