銀河の都
ホーム > 作品情報 > 映画「銀河の都」
メニュー

銀河の都

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

北海道新聞他に連載の富田常雄の原作から「江利チエミの サザエさん(1956)」の笠原良三が脚色、「惚れるな弥ン八」の村山三男が監督する柔道恋愛映画。撮影は「四十八歳の抵抗」の中川芳久。主な出演者は、「台風騒動記」の菅原謙二、「君を愛す」の若尾文子、根上淳、山本富士子、「空の大怪獣 ラドン」の小堀明男、「高校生と殺人犯」の南左斗子、杉田康、「続花頭巾」の阿井美千子、「運ちゃん物語」の見明凡太朗など。

ストーリー

紘道館研修員で柔道六段の竹尾利郎は、東和鉄工への出稽古の途中のバスで、スリの手から小唄師匠富久美の品物をとり戻してやる。彼女は長唄の名取りで、同じく出稽古の途中。豪快な竹尾に好感を抱く。竹尾は稽古の帰途、親友のプロレスラー草刈と、新橋の飲み屋で交歓。ここの看板娘お桂と草刈の睦じい様子に、ふと先程別れた富久美を想い出す。彼女は両親のすすめで、銀座の大店の主人堤吉之助の家を稽古場に借りるが、吉之助は何とか彼女を手に入れんものと種々画策している。竹尾は現在同居している先輩馬場一作の妻晴代が、無気力な夫に愛想をつかし、竹尾に傾いてくる始末に、同居生活を清算しようと心を決める。弟正雄のスポーツ雑誌に竹尾の写真を見出し胸躍らせた富久美は、是非紹介してくれという弟の言葉に困惑。もしやとの期待で竹尾と始めて逢ったバス停留所へ出かけるが、運良く、出稽古途中の竹尾に再会。以来、しばしば逢う瀬を楽しむようになる。竹尾が新しい下宿先へ移っても晴代の恋慕はつのるばかり。一方、吉之助は富久美誘惑の工作を進めるが、かつて肉体関係まで結んだ遠縁の娘、久子に邪魔される。アプレの久子は交換条件で二人の仲を取りもとうと約束。竹尾と富久美は今は結婚を真剣に考えていたが富久美には堤の策動で家元を介しての結婚話が持上っていた。母の切願で堤と湯河原へドライヴした富久美は、宿で慰安旅行に来ていた竹尾に出逢い、疑惑の眼を注がれる。誤解をとく暇もないままに竹尾は東京へ去る。その頃、新橋とら新の店で草刈は土地の愚連隊と対立。そこに現われた竹尾はお桂の知らせで、共々、不良に囲まれた草刈の許へ。だが首領株ピス勘の拳銃に、竹尾はお桂をかばいつつ対峙する……。...

スタッフ

監督
脚色
笠原良三
原作
富田常雄
企画
川崎治雄
製作
永田秀雅
撮影
中川芳久
美術
高橋康一
音楽
塚原晢夫
録音
長谷川光雄
照明
泉正蔵

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi