家庭教師と女生徒
ホーム > 作品情報 > 映画「家庭教師と女生徒」
メニュー

家庭教師と女生徒

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

“面白娯楽部”連載北条誠原作の映画化で「オーケストラの姉妹」の橋田寿賀子が脚色し、「緑なる人 (二部作)」の田畠恒男が監督する青春篇。撮影は「三羽烏再会す」の布戸章。主な出演者は「花ふたたび」のコンビ菅佐原英一と小山明子、「醉いどれ牡丹 前後篇」の山鳩くるみ、浅茅しのぶ、ほかに井川邦子、沢村貞子、市川春代、東山千栄子、北竜二、永井達郎など。

ストーリー

高校生の石原順子は、日舞の石原流後継者として祖母から厳しく仕込まれていたが、ために学業はおろそかになり卒業さえあやぶまれる。しかも跡目相続の披露を兼ねた公演会は間近い。順子は友達小峯康子の誕生日に招待された折、康子の家庭教師をしている大学生の藤本を紹介され、好意を抱き合うようになる。康子のすすめで順子も一緒に勉強をみて貰うことになり、彼女は因習の強い我家を離れ、小峯家を訪れるのが唯一の楽しみとなった。公演会の費用のことから、良くない噂の多い永住と結婚させようとする姉の執拗な態度に、順子は箱根で養生中の母の許へ逃げたこともある程だった。順子と藤本の接近を快く思わぬ康子は、ことよせては藤本を誘い出す。こうした娘の態度に康子の両親は彼を馘にした。途方にくれてアパートに戻った藤本の前には、永住のことから姉や祖母と衝突した順子が家出して来ていた。孤独な二人はその夜、結ばれた。だが翌日、祖母が急病で倒れたと内弟子のお遊が順子を迎えに来る。再起不能を宣告された祖母の姿に、順子は舞踊に一生を捧げようと決意、九州に就職の決った藤本の同行申し出を断わる。藤本が旅立つ日、順子の公演会が開催された。衣裳をつけて出を待つ順子の手には、成功を祈るとの藤本の電報が握られていた。...

スタッフ

監督
脚色
橋田寿賀子
原作
北条誠
企画
小倉武志
撮影
布戸章
美術
脇田世根一
音楽
万城目正
録音
大野久男
照明
青松明

キャスト

作品データ

製作年 1957年
製作国 日本
上映時間 79分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi